「トリセツ+HOME」が『2019年度グッドデザイン賞』を受賞

10月2日(水)13時30分 @Press

東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)が株式会社トライグル(社長:冨森 健史、以下「トライグル」)と共同で提供するスマートフォンアプリ・Webサービス「トリセツ+HOME(トリセツホーム)※1」(以下「本サービス」)が、このたび「2019年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

本サービスは、住宅引渡し時に住宅購入者へお渡しする住宅設備の取扱説明書一式を、スマートフォンアプリやWebで提供するサービスです。

本サービスを導入した住宅事業主は、ペーパーレス化により、全住戸分の紙の取扱説明書一式を準備する業務負荷が軽減されます。また、管理アカウントを使用して、物件ごとに全住戸の設備品番やメーカー、取扱説明書等を確認できるため、問合せを受けてから該当設備を確認するまでの作業が効率化され、迅速な対応によるお客さま満足度の向上が期待できます。
また、本サービスが導入された住宅を購入したお客さまは、住宅設備の取扱説明書や暮らしに役立つ情報をスマートフォンやパソコンで確認できるだけでなく、自身で購入した家電製品を追加で登録することにより、所有する設備機器・製品を一元管理できるため、利便性が高まります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/194935/LL_img_194935_1.png
トリセツ+HOMEサービスイメージ

東京ガスグループは、「GPS2020」において「AI等のデジタル技術の効果的な導入」を掲げており、今後ともデータサービスコンテンツの活用を通じて、お客さまや社会に貢献する価値やサービスの創造・提供を続けてまいります。
トライグルは、家電、住宅設備等様々な製品に関する情報のデータベース化を進め、「トリセツ」アプリ、Webサービスをご利用いただくご家庭の省スペース化や、サービス導入企業様の業務効率化に貢献してまいります。

※1「トリセツ+HOME(トリセツホーム)」とは、東京ガスが「トリセツ」上で提供するサービスです。なお、「トリセツ」とは、トライグルが提供する、家電製品の取扱説明書等の情報をスマートフォンアプリやパソコンで一元管理できるサービスです。


<受賞理由(審査委員による評価コメント)>
「サービスデザインによって、契約者にとって便利なだけでなく、管理会社による印刷、ファイリングやユーザー対応の負担を軽減する体験が作られている。ペーパレス化によって紙・印刷・ファイル等による環境負荷も軽減。また自社のユーザーに閉じず、競合も含めた全国の他社へもサービスを開くというアプローチと企業のコミットメントも評価された。」

なお、本サービスは、本年10月31日(木)から11月4日(月・祝)まで東京ミッドタウンで開催される、2019年度グッドデザイン賞受賞作を紹介する「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019( http://www.g-mark.org/gde2019/ )」にて展示されます。


<トリセツ+HOMEサービス概要(公式Webサイト)>
https://home.tokyo-gas.co.jp/service/torisetsu/mansion.html

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/194935/img_194935_2.png
トリセツ+HOME利用イメージ

<グッドデザイン賞について>
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。
http://www.g-mark.org/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「デザイン」をもっと詳しく

「デザイン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ