カーセブン「インスマートシステム」第5世代の提供開始 〜自動評価点算出機能の追加など 「インスマートシステムv5」〜

10月2日(水)10時45分 @Press

自動車の小売と販売のフランチャイズチェーン「カーセブン」を展開する株式会社カーセブンディベロプメント(代表取締役社長:井上貴之、本社:東京都品川区)は、自社で開発・提供を行うクラウド型中古車査定システム「インスマートシステムv5」の提供を9月30日よりスタートしました。


【インスマートシステムについて】
カーセブンが業界に先駆け開発し1千社以上の自動車流通に関わる企業にサービス提供する専用アプリと連動した中古車査定システムです。
紙への書き込みで行なっていた中古車査定を、車検証のQRコードをスマートフォン・タブレットの専用アプリで読み込むだけで、車両情報がクラウド上のデータベースに登録され、素早く査定が可能になる業務効率改善システムです。

デジタル化された情報を元に、クイックプライシング・プロフェッショナルプライシング・買い取り保証のプレコミットメントプライシングによる査定金額の算出が可能で、さらに登録された車両情報はカーセブンシステムネットワークによりスピーディーに流通させることが可能になります。


【インスマートシステムv5の改善点】
◆自動評価点算出機能
今まで人の感覚で行なっていた車両状態の評価点算出が、入力した情報を元にカーセブン独自のデータベースにより「外装評価・内装評価」を自動算出できるようになりました。

中古車流通オークション会場の評価点とマッチングさせた場合、完全一致率が73%、上下0.5点差の範囲では94%と高精度での一致率を実現しました(※当社調べ)。

また、車の修復状況のサポート機能も備わっており、指定された確認ポイントを確認することで、事故車になるかどうかも自動で判別します。

◆操作性の向上
アプリケーションを全てネイティブアプリとして再構築を行い、全体の操作性が格段に向上しました。
アプリを強制終了したり、異常終了した場合でも、それまで登録していた情報を復元し、再入力が可能になりスピーディーな査定が安定して行えるようになりました。
これにより、通信環境が無い場所での査定でも、一定の情報入力が可能となりました。

査定車両の写真の処理を複数まとめて撮影、選択することが可能となり、サーバーへ送信時に自動でリサイズを行う機能を追加したことによりアップロードのスピードが大幅に向上しました。


【会社概要】
名称 : 株式会社カーセブンディベロプメント
代表者 : 代表取締役社長 井上 貴之
事業内容: 自動車の小売と買取のFCチェーン「カーセブン」の運営と
ASPサービスの提供
所在地 : 〒141-0032 東京都品川区大崎2丁目11番1号 大崎ウィズタワー23階
URL : https://www.carseven.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「システム」をもっと詳しく

「システム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ