手持ちのテレビで新4K衛星放送が楽しめる 「4Kスマートチューナー」

10月2日(火)14時30分 J-CASTニュース

テレビに接続するだけで4K衛星放送が楽しめる

写真を拡大

パソコンおよびスマートフォン用の周辺機器などを扱うピクセラ(大阪市)は、4Kスマートチューナー「PIX-SMB400」を、2018年10月5日に全国の家電量販店などで発売する。

4K動画配信やスポーツ中継、ゲームも楽しめる



18年12月1日から本放送が始まる「新4K衛星放送」を、既存のBS/110度CS放送の視聴が可能なら、テレビの買い換え不要で視聴できる。また、別売のUSBハードディスクを接続すれば、既存の地上/BS/110度CSデジタル放送に加え、新4K衛星放送の録画が可能になる(11月末ごろのアップデートにて対応)。



「Android TV OS」を搭載し、「YouTube」や「Netflix(ネットフリックス)」などの動画配信サービスの多彩な4Kコンテンツが楽しめるほか、アプリの追加インストールによりスポーツの生中継やVOD(ビデオ・オン・デマンド)での映画鑑賞、ゲームなども楽しめる。



音声認識に対応したリモコンが付属し、「Googleアシスタント」ボタンを押しながら、映画のタイトルや俳優の名前などを言うだけで簡単に検索可能。「Google Home」などのデバイスとも連携できる。



「ピクセラ オンラインショップ」での直販価格は3万2184円(税込)。

J-CASTニュース

「衛星放送」をもっと詳しく

「衛星放送」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ