豊洲移転、小池都知事が無視して突き進む「3つの隠れた大問題」

10月6日(土)6時0分 ダイヤモンドオンライン

豊洲市場開場記念式典前に市場を視察する小池百合子都知事 Photo:Natsuki Sakai/アフロ

写真を拡大

地下水位は約束していた水位を大きく上回った。市場内の物流が制限される。商品の取扱量の試算もデタラメ…。これら3つの大問題を何ら解決することなく無視したまま、小池百合子東京都知事は“臭いものに蓋”をして、築地市場の豊洲への移転を強行する考えだ。(「週刊ダイヤモンド」編集部 岡田 悟)


11日ついに江東区の豊洲市場へ

移転後も解決できない3つの問題



 土壌汚染、構造計算の疑義、6000億円という巨額の総工費の是非…。侃々諤々の議論を経て今なお反対の声が消えない中、東京の胃袋・築地市場が11日に、江東区の豊洲市場に移転する。しかし豊洲には、今なお解決していない、もはや解決できないであろう3つの問題がある。


 1つ目は地下水位だ。


 都は今年7月までに、豊洲の土壌汚染が地下水に混ざって地上の施設に及ぶのを防ぐため、地下にコンクリートの床を敷いたり、地下水をくみ上げる巨大なポンプを設けるなどの追加対策工事を実施した。


 その上で、9月に農林水産省から市場移転の認可を受けたが、前述の安全対策も認可の前提の一部となっている。小池百合子東京都知事は8月の認可申請を前に「都民、市場関係者には、豊洲市場は安全で、安心して利用していただけると伝えたい」と述べ、事実上の“安全宣言”をした。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「豊洲」をもっと詳しく

「豊洲」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ