プロ野球界を席巻した伝説の投手の知られざる真実を綴った書籍 『幸運な男——伊藤智仁 悲運のエースの幸福な人生』発売記念 「序章」無償公開、「本章」先読みキャンペーン実施

10月6日(金)11時15分 PR TIMES

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、ヤクルトスワローズで活躍した元投手・伊藤智仁氏の半生を綴った書籍『幸運な男——伊藤智仁 悲運のエースの幸福な人生』の発売を記念して、「序章」無償公開、「本章」先読みキャンペーンを実施いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/1844/resize/d5875-1844-653182-0.jpg ]

■「悲運のエース・伊藤智仁」は悲運ではなかった—
1993年、あの松井秀喜を抑えて新人王に輝いた伝説の投手・伊藤智仁。名捕手・古田敦也に「直角に曲がる」と言わしめ、名将・野村克也でさえも「ワシが見た中でナンバーワン」と感嘆した“高速スライダー”を武器に球界を席巻しました。そんな鮮烈デビューを果たすも、その後はたび重なる故障に見舞われ引退したことから、世間から「悲運のエース」と呼ばれることに。しかし、伊藤智仁は悲運ではなかった—。本人・チームメイト・対戦相手・恩師・家族。あらゆる角度から今まで語られることのなかったエピソードを余すところなく紹介し、知られざる真実を描きます。今もなお野球ファンの心に深く刻まれている伊藤智仁の半生を綴る、ノンフィクション作品です。

■発売を記念して「序章」無償公開、「本章」先読みキャンペーンを実施
本書の発売を記念して、読者の皆様に発売までの期間を楽しくお過ごしいただけるキャンペーンを実施いたします。まず、2017年10月6日〜2017年11月17日の発売日(予定)まで、本書の「序章」を無償にて公開いたします(https://book.impress.co.jp/books/1116101094)。お手持ちのパソコンやスマートフォンでどなたでも気軽にお読みいただけます。さらに、amazonや楽天ブックスなどのECサイトで既にご予約いただいている方、またこれからご予約いただく方を対象に、本書の1章〜3章の「先読み電子版」を、お申込みいただいた方全員にプレゼント。下記ページのお申込みフォームより、氏名、メールアドレス、注文番号などの必要事項を記入いただければ、ご登録のメールアドレス宛にダウンロード用のURLをお送りいたします。
https://book.impress.co.jp/readers_entry/9784295002420yoyaku.html

■書籍の詳細


[画像2: https://prtimes.jp/i/5875/1844/resize/d5875-1844-653182-0.jpg ]

幸運な男——伊藤智仁 悲運のエースの幸福な人生
著者:長谷川晶一
価格:本体1,800円+税
電子版価格:1,600円+税 ※インプレス直販参考価格
発売日:2017年11月17日(予定)
ページ数:384ページ
判型:四六判
◆書籍の詳細:https://book.impress.co.jp/books/1116101094


■プロフィール
伊藤智仁(いとうともひと)
1970年10月30日生まれ。京都府出身。花園高を卒業後、三菱自動車京都に入社。1992年のバルセロナオリンピック日本代表に選出され、1大会27奪三振のギネス記録を作るなど、日本の銅メダル獲得に大きく貢献。同年のドラフト会議でヤクルト、広島、オリックスの3球団が1位指名、抽選の結果ヤクルトに入団。ルーキーイヤーの93年は高速スライダーを武器に7月までに7勝2敗、防御率0.91と驚異的な数字を挙げる。右ひじの故障で1軍を離れたが、あの松井秀喜を抑え、実働2ヵ月半で新人王を獲得。長いリハビリ生活を乗り越え97年にカムバック賞を受賞するも、01年に肩を故障し再び戦線離脱。03年を最後に現役引退。

■著者プロフィール
長谷川晶一(はせがわしょういち)
1970年5月13日生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務を経て2003年にノンフィクションライターに。05年よりプロ野球12球団すべてのファンクラブに入会し続ける、世界でただひとりの「12球団ファンクラブ評論家(R)」。ではあるが、実は1980年に初めてヤクルトFCに入会して以来38年間純潔を保ち続ける一途なヤクルトファン。著書に『プロ野球12球団ファンクラブに10年間入会してみた!』『いつも、気づけば神宮に 東京ヤクルトスワローズ「9つの系譜」』(以上、集英社)、『プロ野球語辞典』(誠文堂新光社)、『オレたちのプロ野球ニュース』(東京ニュース通信社)ほか多数。 『文春オンライン』の『文春コラム ペナントレース2017』ではヤクルトを担当。 http://blog.hasesho.com/ http://www.facebook.com/hasesho

以上

【株式会社インプレス】 http://www.impress.co.jp/
シリーズ累計7,000万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。2017年4月1日に創設25周年を迎えました。

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

プロ野球をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ