ISID、インフォマートとシステム連携パートナー契約を締結

10月6日(火)12時46分 PR TIMES

〜経費精算システムCi*X ExpenseとインフォマートのBtoBプラットフォームを連携、企業における経費精算業務のペーパーレス化を支援〜

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下ISID)は、株式会社インフォマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:長尾 收、以下インフォマート)とシステム連携パートナー契約を締結したことをお知らせします。
本契約に基づき、ISIDが開発・提供する経費精算システム「Ci*X Expense(サイクロス エクスペンス)」とインフォマートの「BtoB(企業間電子商取引)プラットフォーム 請求書」のシステム連携機能を今秋提供開始予定です。経費精算業務において、さらなる電子化・ペーパーレス化を実現し、コロナ禍における在宅勤務を含めたニューノーマルな働き方を支援します。

■システム連携パートナー契約の概要■
BtoBプラットフォーム 請求書とCi*X ExpenseをAPI連携することで、請求書の受け取りから社内回覧、承認、支払処理までの一連のプロセスをCi*X Expense上で行うことが可能となります。これにより、請求書のペーパーレス化を実現するとともに、従来行っていたスキャン・入力作業の負荷を軽減します。

■BtoBプラットフォーム 請求書について■
「クラウド請求書シェアNo.1」のBtoBプラットフォーム 請求書は、企業間における請求書の受取・発行をクラウド上で行うプラットフォームです。請求書の受取側と発行側が同じプラットフォームを利用するため、企業間のやりとりを含めた請求業務の全てがWeb上で行えます。また、電子帳簿保存法に対応しており、企業規模問わず請求書の電子化・ペーパーレス化が可能になります。
製品詳細 : https://www.infomart.co.jp/seikyu/

■Ci*X Expenseについて■
Ci*X Expenseは、最新のコンシューマー向けテクノロジーと、ISIDがかねてより強みとするグループ経営管理の知見を融合し、全く新しい設計思想で開発された経費精算システムです。ISIDの次世代開発基盤であるaiuola※(アイウォーラ)の採用により、直感的なインターフェースをはじめとする優れたユーザーエクスペリエンスを創出し、ユーザーである社員一人ひとりの働きやすさや生産性向上を支援します。
製品詳細 : https://www.isid.co.jp/solution/CiX.html


■電通国際情報サービス(ISID)について
ISIDは、「HUMANOLOGY for the future〜人とテクノロジーで、その先をつくる。〜」をビジョンに、社会や企業のデジタルトランスフォーメーションを、確かな技術力と創造力で支援しています。金融、製造、ビジネスソリューション、コミュニケーションITの4領域で培ったソリューションの提供に加え、テクノロジーや業界、企業、地域の枠を超えた「X Innovation(クロスイノベーション)」を推進し、顧客、生活者、社会の進化と共存に寄与するソリューションを生み出し続けます。詳細は、公式WEBサイトをご覧ください。

※ aiuola : デジタルビジネス時代の環境変化に呼応する柔軟性と俊敏性の実現、グローバルなグループ経営に求められる高度な業務要件への対応、そして社員の働きやすさと生産性を向上させるユーザー体験(UI/UX)の創出を開発コンセプトとし、従来のエンタープライズシステム開発手法とは一線を画す、全く新しい設計思想でつくられたアプリケーション開発基盤です。

* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

PR TIMES

「システム」をもっと詳しく

「システム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ