自動車販売のDX推進でルノー・ジャポンと業務提携

10月8日(金)13時17分 PR TIMES

〜commonが開発する自動車販売会社向けのSaaS〜

common株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川毅志、以下「当社」)は、2021年9月、フランスに本社を置く世界最大級の自動車ブランド ルノーの自動車販売会社であるルノー・ジャポン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:大極司、以下「ルノー・ジャポン」)と業務提携契約を締結し、自動車販売会社(※)のDX(デジタルトランスフォーメーション)に資するSaaS型ビジネスアプリケーション『Nigoori』を開発します。
【URL】http://www.common-co.com
(※)自動車販売会社:自動車メーカー等から車両輸入し、自動車販売代理店等に卸売する会社(ディストリビューター)

[画像1: https://prtimes.jp/i/70006/2/resize/d70006-2-27b735c996ed796ca5bb-0.png ]


業務提携の背景
2000年から20年以上に亘り世界的ブランドであるルノー車の輸入販売をしてきたルノー・ジャポンは、次世代経営に向けた販売・在庫管理の効率化及びデータ活用を目的としたDXを実現するパートナーとして、自動車販売会社向けのSaaS『Nigoori』を開発中である当社と業務提携しました。
ルノー・ジャポンは、現経営体制に移った2012年以降、着実に販売台数を伸ばしてきました。一方で、膨大なデータの効率的な取り扱い・活用方法についての課題意識を持っていました。ルノー・ジャポンはDXを実現し、業務負荷の軽減、販売機会損失の削減、販売在庫の適正化を狙います。
業務提携に当たり、ルノー・ジャポンはcommonに対して業務・経営課題の共有を行い、commonはこれらの課題解決を開発中のシステムに盛り込むことを検討します。また、commonはシステム提供のみならず、既存業務改善の提案も行います。
『Nigoori』の開発完了後は、国内外の自動車販売会社に向けてサービス提供を開始します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/70006/2/resize/d70006-2-0a38339ce26b39d84b06-1.png ]


『Nigoori』の機能
『Nigoori』は、自動車販売会社が自動車の販売・在庫管理に用いる荷繰り表を改良したSaaS型ビジネスアプリケーションです。作業者と管理者の負担を軽減するようなユーザーインターフェースに、経営を支援する分析機能を備えます。
国内外の自動車販売会社はほぼすべて同じような荷繰り表をエクセルで作成して、車両の販売・在庫の管理をしていますが、エクセルで扱うにはデータが多すぎることで、作業負荷がかかり、必要な分析作業がなされないという課題がありました。また、本来、荷繰り表は車両ステータスの変更に同期して作成されるものですが、エクセルでの管理上、車両ステータス情報との泣き別れもあり、実績値との齟齬や重複・膨大な転記作業などが発生していました。

ルノー・ジャポン株式会社 概要
会社名: ルノー・ジャポン株式会社
所在地: 〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島1−1−2
代表者: 代表取締役社長 大極司
設立: 2000年5月12日
URL: https://www.renault.jp
事業内容: ルノー車および関係部品の輸入および卸売

【common株式会社 概要】
会社名: common株式会社
所在地: 〒150-0044 東京都渋谷区円山町5—5Navi渋谷V 3階
代表者: 石川毅志
設立: 2019年5月
URL: https://www.commoncoltd.com
事業内容: インターネットサービス開発・運営

【お客様からのお問い合わせ先】
common株式会社
TEL: 050-3183-9011
e-mail: info@common-co.com

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
common株式会社 石川毅志
TEL: 03-4233-0781
e-mail: ishikawa-takeshi@common-co.com

PR TIMES

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ