横田基地のオスプレイは特殊部隊潜入用、「斬首作戦」出動の可能性も

10月11日(木)6時0分 ダイヤモンドオンライン

米空軍のCV22=米空軍提供

写真を拡大


 米空軍は10月1日、横田基地(東京都福生市など)に垂直離着陸輸送機CV22(オスプレイ)を正式に配備した。


 配備された5機は4月3日に輸送船で横浜に到着、翌日に陸揚げされ、5日に横田に着陸した。米軍は「一時的立ち寄り」と称したが、その後、訓練飛行などを続け、すでに同基地で223回にわたり離着陸していた。


 米国防省は2015年5月、横田にCV22を10機配備すると発表、まず2017年に3機、さらに2021年までに7機を送る計画だったが、予算の関係で少し遅れ、2024年に10機になるという。


 すでに沖縄の海兵隊普天間基地には2012年から海兵隊用バージョンのMV22が24機配備され、うち1機は2016年12月に空中給油中の接触で名護市の海岸に不時着大破、1機は2017年8月オーストラリア東岸沖で着艦に失敗し墜落した。


 安全性へ不安が解消されないオスプレイだが、横田配備で「新たな不安」が加わった。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「横田基地」をもっと詳しく

「横田基地」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ