大学3年生によるスポーツ政策提言発表大会「Sport Policy for Japan2018」開催/大学生が本気で考えた政策で、日本のスポーツをより良くする。

10月11日(木)11時11分 Digital PR Platform


10/27(土)・28(日)、神奈川大学で開催。全国23大学56チーム約280人が参加。参加チームは、「若者のスポーツボランティアへの意識向上策」や「障害者スポーツ振興」などさまざまなテーマで政策提言を持ち寄り発表します。

「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区 理事長:渡邉一利 以下:SSF)は、日本のスポーツ政策や諸課題に問題意識をもつ大学3年生を対象とした、政策提言発表大会「Sport Policy for Japan2018」(SPJ2018)を開催します。

参加チームはさまざまなテーマで政策提言を持ち寄り、10月27〜28日に口頭発表を行います。事前提出された提言要旨と共に厳正な審査を経て、最優秀賞、優秀賞等が選出・表彰されます。

本事業は今回で8回目となります。SSFは、スポーツ界に寄与する人材の複合的育成を重点テーマのひとつとしており、参加学生が将来的にスポーツ分野の研究者になることを期待するだけでなく、研究者にならずとも「生涯スポーツ振興」の良き理解者として育成され、さまざまな分野において我が国のスポーツ振興をけん引するリーダーとなることを目指し実施しています。

詳細ページ https://www.ssf.or.jp/spfj/2018/tabid/1627/Default.aspx

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1086/29247/500_333_201810110918505bbe96ea8f6ce.jpg

[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1086/29247/500_333_201810110918525bbe96ec8a20d.jpg
※写真は昨年の様子

------------------------------------------------------------
Sport Policy for Japan2018 概要
【主 催】  公益財団法人 笹川スポーツ財団
       神奈川大学(会場協力)
【日 程】  2018年10月27日(土)〜28日(日)
【場 所】  神奈川大学 横浜キャンパス
【後 援】  スポーツ庁、公益財団法人 日本オリンピック委員会、公益財団法人 日本スポーツ協会
【参加人数】 23大学 56チーム 約280名
【開催内容】
・参加チームは、提言内容をまとめた提言要旨(A4 4枚)の提出と、大会当日に口頭発表を行う。
・提言要旨と口頭発表を審査し、最優秀賞・優秀賞・特別賞を決定する。

※ご取材はウェブサイト「聴講申し込みフォーム」からお申し込みいただけます。
https://www.ssf.or.jp/spfj/2018/tabid/1627/Default.aspx
------------------------------------------------------------

参加大学一覧
参加大学 23大学 56チーム 約280名
※こちら http://www.ssf.or.jp/spfj/2018/tabid/1587/Default.aspx

 大学名 団体名 ○研究タイトル
1 亜細亜大学 石黒ゼミA
○母親のスポーツ実施率向上を目指して〜保育園の休園日を活用した新規事業の提案〜
2 亜細亜大学 石黒ゼミB
○eスポーツから学ぶ新しい教育のかたち
3 亜細亜大学 石黒ゼミCグループ
○ポイント制度の導入によるオリパラ大学連携協定の促進
4 江戸川大学 小林ゼミA
○若者のスポーツボランティア意識向上のために−SNSを活用した情報発信−
5 江戸川大学 小林ゼミB
○首都圏でボール遊びが気軽にできる場所作りプロジェクト—ボール遊びという文化を未来へ—
6 大阪経済大学 相原ゼミAチーム
○ゴールデンスポーツイヤーズを契機とした大阪ツーリズムの促進案〜「ついで観光」による継続的な大阪観光活性化〜
7 大阪経済大学 相原ゼミB
○IRとスポーツを融合した新たなエンターテインメント施設による地域活性化策—大阪市がオリンピックの負の遺産を解消するための提言—
8 大阪経済大学 相原ゼミC
○2019RWCにおけるオセアニア地域の訪日客に向けたPR促進策〜オセアニアの地域の訪問客を継続的に獲得するため〜
9 大阪経済大学 田島ゼミナール
○絶滅危惧野球 〜消え続ける野球少年たち〜
10 大阪経済大学 田島ゼミII
○大学がスポーツで子供たちを笑顔に〜未来のオリンピックスターを発掘〜
11 大阪体育大学 冨山ゼミ Aチーム
○キャラクターマーケティングを活用した子どものスポーツ実施率の向上施策
12 大阪体育大学 冨山ゼミB
○「高知FDロードによる高知創生」
13 神奈川大学 大竹ゼミナール チームJ
○スポーツ界におけるLGBTフレンドリーの実現をめざして—東京2020のレガシーとして何を残すか—
14 神奈川大学 大竹ゼミナールチームP
○BACK TO THE NATURE—ネイチャースポーツの普及と自然公園を活用したプログラム—
15 神奈川大学 大竹ゼミナール チームS
○登山啓発プロジェクト−安全登山の実現を目指して−
16 神奈川大学 小倉ゼミ チームE
○スポーツイベントで生み出す職場の人とのつながり—ワークエンゲージメントの強化—
17 神奈川大学 小倉ゼミ チームH
○学生ゆるっと運動〜心身共に健康〜
18 神奈川大学 小倉ゼミチームP
○Fリーグの新たなカタチ -集客数向上への提言-
19 桐蔭横浜大学 渋倉ゼミチームA
○子供の成長を導くグッドペアレンツ〜健康で明るい未来への道しるべ〜
20 桐蔭横浜大学 渋倉ゼミチームB
○新しい時代にふさわしいコーチングスキルをゲットしよう!
21 桐蔭横浜大学 田中ゼミHチーム
○生徒が楽しくスポーツをするには—指導者と生徒に向けた政策—
22 桐蔭横浜大学 田中ゼミTチーム
○発展途上国や海外の子供達へのスポーツ支援
23 県立広島大学 和田ゼミ
○サンフレツーリズム〜タイ人向けサッカー観戦&広島堪能ツアーの提案〜
24 高知工科大学 前田研究室A
○アウトドアスポーツで地域活性化−自然資源の潜在力−
25 高知工科大学 前田研究室B
○働き方改革を実現するために—必要とされる部活動改革—
26 産業能率大学 小野田哲弥ゼミ
○学生の手によるプロ野球イベントの開催〜 ファームゲーム活性化による地方創生〜
27 四国大学 大野ゼミB
○部活動における体罰低減を目指して
28 静岡産業大学 香村ゼミナール
○中学生の運動習慣改善のために〜レクリエーション志向の運動部活動普及に向けて〜
29 順天堂大学 工藤ゼミ
○東京2020オリンピック・パラリンピックの後始末—和食の発展とそれによるインバウンド・ツーリズム戦略—
30 順天堂大学 発育発達学 測定評価学研究室
○子ども国体—新時代のスポーツフェスティバル—
31 東海大学 秋吉ゼミ
○非行少年をスポーツで救え!— 総合型地域スポーツクラブを活用した政策—
32 東海大学 大津ゼミ
○社会人に向けた運動促進政策—ウォーキングに新たな価値を—
33 東海大学 萩ゼミAチーム
○総合型地域スポーツクラブの自立を促進する好循環—より良い地域社会に向けて—
34 東海大学 萩ゼミBチーム
○無関心から楽しいに〜成人障害者とその介護者に向けた「Spositive」運動〜
35 東北学院大学 天野ゼミナール
○スポーツが大学の愛着に与える影響
36 東洋大学 山下ゼミA
○小学校教員の教え方改革—体育嫌いは子どもだけじゃない—
37 東洋大学 山下ゼミ
○スポーツを通じた共生社会の実現—汚すスポーツ施設を拠点として—
38 一橋大学 岡本ゼミ チームH
○インターナショナルサークルプロジェクト—多文化共生のための地域スポーツサークル創設—
39 一橋大学 岡本ゼミ チームI
○「マイナースポーツの聖地」創出による地域活性化〜香川県多度津町をモデルケースとして〜
40 一橋大学 チームT
○「遊び」教育〜子どもに外遊びの楽しさを〜
41 北翔大学 千葉ゼミ
○北海道における子どもの貧困と体力・運動能力の関係
42 北海道教育大学岩見沢校
○スポーツ経済学研究室 大学生における運動習慣の基盤形成— 日常の運動化を目指して—
43 明治大学 澤井ゼミA
○黎明期にあるeスポーツの国内普及への戦略
44 明治大学 澤井ゼミナールB
○キャリスタ同窓会〜同窓会は地方とJクラブを救うか?〜
45 明治大学 澤井ゼミナールCチーム
○やっぱり明治がNO.1プロジェクト
46 明治大学 高峰ゼミA
○身体障害を超えたスポーツ交流の実現に向けてー「障害者スポーツ」という概念なくすイベントの実施ー
47 明治大学 高峰ゼミB
○総合型地域スポーツクラブの指導者・後継者不足の解決に向けてー引退後のアスリートの雇用、保育施設との提携を例にー
48 明治大学 高峰ゼミナールC
○体育会学生向け学業支援−統一チケッティングシステムを用いて−
49 立教大学 松尾ゼミナール A班
○特別支援学校における肢体不自由児への「みる」スポーツ支援の確立〜「みるパラ!」プロジェクト〜
50 立教大学 松尾ゼミB班
○働く未婚女性のスポーツ実施率向上にむけた「ゆずプロジェクト」−ウエルネスの観点から−
51 立命館大学 チーム丸山
○女子大学生に対するスマートフォンを活用した運動スタイルーSustainable Activity in the Universityー
52 立命館大学 長積ゼミ
○ストレスを多く抱える大学生の運動頻度向上に関する提案
53 龍谷大学 松畑ゼミA
○大学スポーツにおけるドーピング防止活動の実態ー知っていて当たり前ドーピングー
54 龍谷大学 松畑ゼミB
○パラスポーツを普及するために—必要とされる課題・改革—
55 早稲田大学 間野義之ゼミ
○スポーツを通じた国際理解教育—エスニックスポーツの教材化に関する提言—
56 早稲田大学 武藤研究室
○公営競技とギャンブル依存症

【Sport Policy for Japan】
Sport Policy for Japanとは、日本のスポーツの現状や将来について問題意識を持つ大学3年生が、所属大学の枠を超え、政策提言を持ち寄り、意見を交換する場です。
笹川スポーツ財団では、Sport Policy for Japanを主催し、学生の「自分たちの力で日本のスポーツをより良くしよう!」という情熱を応援します。

【笹川スポーツ財団とは】

公益財団法人 笹川スポーツ財団は、「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進するスポーツ分野専門のシンクタンクです。国、自治体のスポーツ政策に対する提言策定や、スポーツに関する研究調査、データの収集・分析・発信を行い、「誰でも・どこでも・いつまでも」スポーツに親しむことができる社会づくりを目指しています。

■公益財団法人 笹川スポーツ財団について

名称  : 公益財団法人 笹川スポーツ財団
代表者 : 理事長 渡邉 一利
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3階
設立  : 1991年3月
目的  : スポーツ・フォー・エブリワンの推進
事業内容: ・生涯スポーツ振興のための研究調査
      ・生涯スポーツ振興のための研究支援
      ・生涯スポーツ振興機関との連携事業
      ・生涯スポーツ振興のための広報活動
URL   : http://www.ssf.or.jp/



本件に関するお問合わせ先
この件に関するお問合せ先
笹川スポーツ財団:清水(恵)・玉澤・吉田
TEL:03-6229-5300 info@ssf.or.jp

Digital PR Platform

「政策」をもっと詳しく

「政策」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ