専門医に聞く|寝ても疲れが残る理由は脳にある? その原因と、「脳疲労」回復方法

10月11日(水)18時7分 PR TIMES

「#老後を変える」ニュースレター

30代、40代、50代から考える「老後」をマガジンスタイルでお届けする新情報サイト「#老後を変える」
(URL:https://www.metlife.co.jp/changerougo/ 運営:メットライフ生命)では、将来について考え、人生を変えていくヒントになるコンテンツを掲載しています。今回は、秋の夜長を活用して「脳疲労」の回復方法をお届けします。

[画像: https://prtimes.jp/i/5541/133/resize/d5541-133-876329-0.jpg ]



テレビなどでもおなじみの『東京疲労・睡眠クリニック』院長・梶本修身先生は、「#老後を変える」編集部の取材に対して、次のように答えてくれました。

「自転車やジョギングなどの日常的な有酸素運動では、筋肉やその末梢神経はほとんどダメージを受けないことが明らかになっています。運動によって心拍数を上げ、呼吸を速め、汗を発生させるのは、脳の司令塔となる自律神経。この自律神経に負荷がかかることで起きる『脳疲労』こそが、日常的に感じる疲れの正体なのです」

脳の疲労は老化を招きます。脳の老化には、生活習慣病のリスクを高め、認知症につながる可能性もあります。この老化を防ぐためには、質の良い睡眠が重要です。

脳疲労を防ぐ「質の良い睡眠」
大切なのは「睡眠の準備」は60分前からはじめる

『深いノンレム睡眠』を行うには、代謝を抑えるため身体の深部体温(内臓の温度)を下げる必要があります。そのためのポイントは・・・?
梶本先生から聞いた詳しい内容については、「#老後を変える」https://www.metlife.co.jp/changerougo/をぜひご覧ください。

■脳の疲れが、認知症や生活習慣病の原因に。「脳疲労」を回復させる睡眠法

https://www.metlife.co.jp/changerougo/enrich/sleep_method/

また、「#老後を変える」では、今回、『脳の学校』加藤俊徳先生が教えてくれる50代以降に脳を発達させる方法にも取材をし、アクティブシニアが、さらに充実した人生を送るための脳からのアプローチについても、本日掲載いたしました。人生100年時代のヒントが満載です。

■脳を刺激することで、第2の人生が豊かになる

https://www.metlife.co.jp/changerougo/enrich/stimulate_brain/

このほか、10月は龍村修氏に「指ヨガ」を使って集中力をアップさせるテクニックをご紹介し、デスクワークの多いビジネスパーソンへ提案するほか、脳を活性化させる良い習慣と悪い習慣、そして脳の疲労を回復させる食事法などを専門医へ取材をし、掲載していく予定です。事前に情報が必要な場合は編集部までお問い合わせ下さい。

10月の国際デーは「健康系」が多い傾向。日本国内ではピンクリボンがスタート。

10月の国際デー(国際機関によって定められた記念日)は、健康系が多い傾向です。10月1日は国際高齢者デー、10月10日は世界メンタルヘルス・デー、10月16日は世界食料デー、世界脊椎デー、10月17日は世界外傷デー、10月19日は世界小児運動器デー、10月20日は世界骨粗鬆症デーなどが挙げられます。日本国内では、10月1日から始まった乳がん啓発活動のピンクリボンフェスティバルや、10月9日の体育の日などがあります。世界骨粗鬆症デーについては、「#老後を変える」でも関連記事を掲載予定です。


-編集部より-
寿命100年時代を説いた『ライフ・シフト』(リンダ・グラットン著、東洋経済新報社)や、睡眠の重要性を解説する『スタンフォード式 最高の睡眠』(西野精治著、サンマーク出版)などがベストセラーとなり、話題を集めています。長寿社会とはいえ、私たちは100年を生きるレシピを知りません。ただ寝るだけではなく、どう眠るべきか? 人生のライフステージの区切り方をどう考えるか? 備えるべきことは多々ありますが、多くの人が興味を持っているのは、その備えの先に楽しいことが待っているということを本能的に感じ取っているのかもしれません。編集部では、日本をはじめとして先進国にやってくる高齢化社会に向け、人はどのように生きていくべきか、そのために知っておくべきことはなにかについて専門家たちと共に追っています。

運営元:メットライフ生命

■メットライフ生命について
メットライフ生命は、日本初の外資系生命保険会社として1973年に営業を開始し、多様な販売チャネルを通して、個人・法人のお客さまに革新的かつ幅広いリスクに対応できる商品を提供してまいりました。現在は日本法人「メットライフ生命保険株式会社」として、お客さまに常に寄り添い、お客さま自らが自信を持って最適な保障を選ぶお手伝いをし続けることに努めています。

http://www.metlife.co.jp/

■「#老後を変える」について
お客さまが豊かな老後を過ごせるように、そして、誰もが明るい老後を思い描くことができるように、メットライフ生命では、「#老後を変える」をメッセージとし、すべての人々にとっての老後を考え、豊かな人生に変えていくためのさまざまな取り組みを行っています。

https://www.metlife.co.jp/changerougo/

このニュースレターは、メットライフ生命の「#老後を変える」取り組みや老後を豊かにするための人生のヒントを不定期でお届けするものです。

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

専門医をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ