国際自動車、東京都福祉保健局からの委託により、抗体カクテル療法を希望する新型コロナ罹患者さまのご自宅と投与可能医療機関の送迎を開始

10月12日(火)10時0分 @Press

国際自動車株式会社(東京都港区、代表取締役社長:西川 洋志)は、東京都からの委託により、抗体カクテル療法を希望する新型コロナ罹患者さまのご自宅と、投与可能医療機関間の送迎を10月12日から開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/279810/LL_img_279810_1.jpg
新型コロナ罹患者さま送迎用専用車両

抗体カクテル療法とは、新型コロナ罹患者さまご本人が治療を希望する場合、「東京都中和抗体薬治療コールセンター」に連絡をし、東京都の調整後、指定された日時に投与可能医療機関で、治療を受けることができる治療方法です。国際自動車は東京都からの委託により、罹患者さまのご自宅から投薬可能医療機関、また経過観察後のご自宅までのお送りを対応いたします。

送迎に使用する車両は、トヨタが感染拡大の抑制や医療現場支援に向けて開発したキットを使用しています。トヨタ『JPN TAXI(ジャパンタクシー)』をベースに、運転席および助手席の車内前方と、後席の車内後方間に隔壁を設置し、後方の空気が前方に循環しないよう、前方を陽圧、後方を陰圧になるよう空気をコントロールします。また、専用のパイプを通して、車両前部にあるエアコンから、後席に冷気を送る仕組みです。送迎に使用する車両は、一般の営業は行わず、専用車両とします。感染拡大防止の観点から、乗務員は罹患者さまと接することのないよう、罹患者さまの乗降時は車内に留まらせていただきます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/279810/LL_img_279810_2.jpg
隔壁とエアコン専用パイプ

国際自動車のタクシー車両には、前席助手席部分に低濃度オゾン発生器(JVCケンウッド製)を、また後席天井部には空気清浄モニターを設置しており、乗務員の感染防止対策も万全です。国際自動車は、この取り組みを積極的に行うことで、公共交通機関の使命を全うするとともに、新型コロナ罹患者さまが安心して治療を受けられるよう、貢献してまいります。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/279810/LL_img_279810_3.jpg
車内後席

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/279810/LL_img_279810_4.jpg
罹患者さまの治療希望から治療実施までの流れ(東京都HPより)

*抗体カクテル療法とは、軽症の罹患者さまに対して重症化を防ぐことを目的とした点滴治療です。


【国際自動車株式会社 会社概要】
会社名: 国際自動車株式会社
所在地: 東京都港区赤坂2-8-6
設立 : 1920年(大正9年3月)
代表者: 代表取締役社長 西川 洋志
URL : https://www.km-group.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ