キャッシュレス時代に日本人が「現金主義」から抜け出せない真因

10月12日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

日本のキャッシュレス決済比率は、先進国の中で極めて低い水準に留まっている。日本人はなぜ「現金主義」から抜け出せないのか(写真はイメージです) Photo:PIXTA

写真を拡大


キャッシュレス決済は最低水準

日本の「脱現金」は進むか


 2018年4月に経産省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」によれば、2015年時点での日本のキャッシュレス決済比率は18%で、韓国の89%、中国の60%、アメリカの45%と比較して大きく遅れている。その後の3年間でも、日本のキャッシュレス比率は大きくは増えてはいない。今回は、どうすれば日本人が「現金主義」から抜け出せるのかを考えてみたい。


 1990年代、世界的に電子マネーの時代が到来することが予想される中で、筆者はある大企業からコンサルティングの依頼を受けた。「どうすれば、それを止められるだろうか」という依頼だった。


 コンサルタントチームで頭をひねった結論は、いち早く「現金が便利な世界をつくってしまう」ことだった。その後、ほどなくして主要なコンビニにATMが置かれ、ATMの利用料が無料になる金融機関が増え、日本は現金が便利な社会へと進化していった。依頼をしてきたメーカーについては、ご想像にお任せしたい。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「現金」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「現金」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ