【矢野経済研究所マーケットレポート】「2017年版リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望〜セパレーター編〜」を発刊いたしました

10月13日(金)9時30分 ドリームニュース

本調査レポートでは、日本および韓国、中国、台湾の有力リチウムイオン電池用セパレーター12社の現在の動向と今後の事業施策を徹底調査し、更に周辺調査を加えることで世界LiB用セパレーター市場の現状と今後の動向を把握することを目的としました。

発刊日: 2017/9/27
体裁: A4 / 119頁
書籍 定価 97,200円 (本体 90,000円 消費税 7,200円)

■本資料のポイント
・タイプ別(民生小型セル/中大型セル)LiB用セパレーター市場規模を算出
・セパレーターコーティング比率世界市場規模推移を算出
・世界主要セパレーターメーカー生産能力一覧を掲載
・世界主要セパレーターメーカー各社の動向を掲載
・民生小型セル市場、車載用セル市場の情報も併せて収録
・xEV市場の動向を踏まえ、日系メーカー、中国メーカーをはじめとするセパレーターメーカーの車載用セルへの取り組み状況、セパレータートレンド等に着目


⇒詳細内容・お申し込みはこちら
http://www.yano.co.jp/market_reports/C59101800

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

ドリームニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

リチウムイオン電池をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ