アカリク・東京大学大学総合教育研究センター共催「シンポジウム 博士の選択2017〜これからの博士・ポスドクのキャリアを考える〜」

10月13日(金)10時24分 PR TIMES

大学院生・研究者向け就職情報サイト「アカリクWEB」などを運営している株式会社アカリク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:林信長)は、この度、東京大学大学総合教育研究センターと「シンポジウム 博士の選択2017〜これからの博士・ポスドクのキャリアを考える〜」を2017年10月28日(土)に共催致します。

[画像: https://prtimes.jp/i/17667/7/resize/d17667-7-528909-0.jpg ]

近年、博士後期課程を修了した後のキャリアパスが不透明になっております。
大学などアカデミアのキャリアパスを望んだとしても、その通りにパスを歩むことが難しくなっております。
しかし、博士学生はアカデミアのキャリア以外にも幅広く活躍できる可能性を秘めており、実際に活躍できる場も広がってきています。
そこで、本シンポジウムでは、登壇者より大学、企業、スタートアップ(起業)などの多様なキャリアパスの可能性について話題提供いただき、その後、参加者も交えて博士学生やポストドクターの方々のキャリアパスについてディスカッションする予定です。

■当日の登壇者について
当日はアカデミアのキャリアパスについて、『博士になったらどう生きる-78名が語るキャリアパス-』(勉誠出版)の編者でもあり、東京大学大学総合教育研究センターにて「大学で教えること」について教える「東京大学フューチャー・ファカルティ・プログラム」を担当されている栗田佳代子准教授と同プログラムの一期生である東京大学教養学部の吉田塁特任助教にご登壇いただきます。
スタートアップのキャリアパスについて、現在東京大学の本郷テックガレージにてディレクターを務めております馬田隆明様、企業のキャリアパスについて、第一三共株式会社様、楽天生命技術ラボ様よりそれぞれご登壇いただく予定です。
また、弊社代表の林より「社会・企業がなぜ博士を欲しがるのか」と題して、これからの時代をつくる博士に求められる能力や考え方について解説させていただきます。
博士学生やポストドクターの可能性について本シンポジウムをきっかけに様々な方にご理解いただけますと幸いです。

■シンポジウム概要
名称:「シンポジウム 博士の選択2017〜これからの博士・ポスドクのキャリアを考える〜」
開催日時:2017年10月28日(土)13:00〜17:30 (懇親会 18:00〜)
開催会場:東京大学 情報学環・福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター
定員:180名(先着順)
参加条件:博士学生・ポストドクター学生のキャリアにご興味のある方でしたらどなたでもご参加いただけます。
参加費:無料(懇親会へご参加頂く際には別途費用が発生いたします)

▼申し込み・詳細
https://acaric.jp/special/event/20171028-phd-career-symposium

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社アカリク 担当:野村
TEL:03-5464-2125
FAX:03-5464-2126
E-Mail:info@acaric.co.jp

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

大学をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ