JRが直面する「構造問題」、大規模リストラは避けられず

10月14日(木)6時0分 ダイヤモンドオンライン

Photo:Diamond

写真を拡大


2020年度、JR6社が大幅赤字
乗客数は戻らない可能性


 2020年に新型コロナウイルスの影響で大きく落ち込んだJR各社の業績は、今年になっても回復していない。それだけでなく、コロナ収束後も厳しい状況に直面し続ける可能性が強い。


 企業で出張費の見直しが進んでいるため、新幹線乗客数が戻らない可能性があるからだ。


 JR旅客各社の2020年度(21年3月期)決算は各社とも厳しい状況になった。中でも大きな打撃を受けたのが、JR東日本とJR東海だ。


 JR東日本(単体)では、営業収入、運輸収入が19年度の半分近くに減少した。そして、赤字に転落した。通期での赤字は1987年の国鉄分割民営化後で初めてだ。


 JR東海(単体)では、営業収入、運輸収入が19年度の3分の1程度に減った。JR東日本より減少率が大きい。



続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「JR」をもっと詳しく

「JR」のニュース

「JR」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ