金融規制緩和「大きな過ち」=米FRB副議長が懸念

10月14日(土)0時24分 時事通信

 【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長は13日、CNBCテレビに出演し、トランプ政権が目指している金融規制緩和は「大きな過ちだ」と強い懸念を示した。再び金融危機に見舞われれば景気回復に長期間を要すると指摘し、リーマン・ショック後に導入された規制見直しの動きをけん制した。 

[時事通信社]

時事通信

この記事が気に入ったらいいね!しよう

規制をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ