ユニクロ「柳井社長退任」へ地固め、矢継ぎ早の提携や子息昇格

10月15日(月)6時0分 ダイヤモンドオンライン

メディアに初公開された東京・有明の自動倉庫。人の姿はほとんど見当たらない Photo by Hiroki Matsumoto

写真を拡大


「(ユニクロが)グローバルブランドとして確立された」(柳井正・ファーストリテイリング会長兼社長)


 ファーストリテイリング(以下ファストリ)が10月11日に発表した18年8月期決算の席上、柳井氏は自信満々にそう答えた。


 それを裏付けるのが業績の好調ぶりだ。売上高は前年比14.4%増の2兆1300億円と、初の2兆円台となった。当期純利益も前年比29.8%増の1548億円と過去最高を更新した。


 好決算の最大の要因は海外ユニクロ事業の成長にある。18年8月期の海外ユニクロ事業の売上高は前年比26.6%増の8963億円となり、国内ユニクロ事業の売上高8647億円を初めて上回った。特に海外売上高の約半分を占める中国事業は、ユニクロブランドが浸透したことや、エリアごとの気候、ニーズに合わせた商品展開により、売上高は前年比26.9%増、営業利益は前年比47.1%という急成長となった。しまむらをはじめ、多くの国内アパレル企業が苦境に陥る中、ファストリは一人勝ちの状況だ。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「ユニクロ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ユニクロ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ