最新IoT機器のプロトタイプ開発に最適、5分で測れるセンサ評価キット「SensorMedal-EVK-002」「SensorShield-EVK-003」を販売開始

10月15日(月)13時51分 Digital PR Platform


<要旨>
[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1117/29233/250_169_201810101414345bbd8aba29213.jpg
 ローム株式会社(本社:京都市)は、ますます拡大するIoT分野に向けて、スマートフォンなどモバイル機器との連動を想定し、ワイヤレスで6種のセンサ情報を簡単に測定できるセンサメダル「SensorMedal-EVK-002」と、Arduino(アルドゥイーノ)*1などのオープンプラットフォーム*2上で9種のセンサ情報を簡単に測定できるセンサシールド(拡張ボード)「SensorShield-EVK-003」を開発、これらセンサ評価キット2製品のインターネットでの販売を開始します。

 「SensorMedal-EVK-002」は、ウェアラブル機器やビーコンに最適な6つのセンサとBluetooth®モジュール、16bitローパワーマイコンなどを基板実装したものです。各種センサとBluetoothモジュールをローパワーマイコンで制御することで、コイン電池(CR2450)で数ヶ月駆動可能な省エネのセンサ環境を簡単に構築することができます。スマホやタブレットでの評価用iOSアプリも準備しており、実使用を想定した評価により小型IoT機器の開発工数を大幅に削減できます。
 また、「SensorShield-EVK-003」は、従来品よりも高速測定(35msecモード)が可能なカラーセンサなど、ロームグループの最新センサ9種8製品をそれぞれ基板実装したものとオープンプラットフォーム接続用の拡張ボードをキット化したものです。全世界で広く活用されているArduino Unoなどに接続し、ソフトウェアを組み込むだけで、センサ環境を簡単に構築することができます。多様なセンサデバイスの簡単評価によりIoT機器の開発工数削減に貢献します。

 なお、これらのセンサ評価キットは10月からチップワンストップ、ザイコストア、アールエスコンポーネンツにて、インターネット販売を開始しています。また、本評価キットを使ってセンシングを実現するために必要な各種ドキュメント、ソフトウェアはホームページからダウンロードすることができます。
 今後もロームは、用途が拡大するIoT分野に向けて、社会の安全・快適を実現するためのセンサデバイスを開発していきます。
[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1117/29233/700_210_201810101433575bbd8f4571deb.jpg

<背景>
 近年、IoT分野の拡大に伴い、電子機器やアプリケーションの多様化が進んでおり、IoTを実現するキーデバイスの一つ、センサに対しての需要・要望もますます大きくなっています。
 一方、デバイスやインターネットを用いてIoTシステムを構築する場合、開発にはソフトウェアとハードウェアなど、幅広い専門知識と多大な開発工数が必要になります。また、各デバイスにおいては、実装環境・開発環境が異なるため、簡単に評価できないという課題があります。
 ロームのセンサ評価キットは、これらの課題解決に貢献するために開発されており、IoT機器のプロトタイプ開発において、ロームグループが開発したセンサデバイスをすぐに評価・導入できるツールとしてご好評いただいています。今回は進化するIoT分野に向けて、最新センサデバイスを用途に応じてチューニングした2製品の販売を開始します。

<ロームのセンサ評価キット>
[画像3]https://digitalpr.jp/simg/1117/29233/700_404_201810101444395bbd91c70b3c1.jpg

<公開サポート情報>
ホームページ上でセンサシールドの導入に必要なデータを公開しています。
◆ドキュメント : 回路図、マニュアル
◆ソフトウェア : SensorMedal評価用アプリ(iOS)、SensorShield用サンプルコード(Arduino Uno、mbed)
詳しくは下記URLをご確認ください。
 センサメダル特設サイト https://www.rohm.co.jp/sensor-medal-support
 センサシールド特設サイト https://www.rohm.co.jp/sensor-shield-support

<センサメダル「SensorMedal-EVK-002」で実現可能なアプリケー[画像4]https://digitalpr.jp/simg/1117/29233/150_254_201810101448325bbd92b01c4cf.jpg
ション例>
別途ファームウェアやアルゴリズムを開発する必要がありますが、同じハードウェア上で下記アプリケーションを実現可能です。
◆活動量計・歩数計(加速度、気圧)
◆金属探知(地磁気)
◆高度測定(気圧)
電子コンパス(地磁気、加速度)
◆環境測定(気圧、照度、温湿度)
◆磁石検出、スイッチ(磁気)
◆ビーコンによる屋内測位(加速度、気圧)
などのほか、アルゴリズム開発用データも取得できます。

<センサシールド「SensorShield-EVK-003」の詳細な製品ラインアップ>
[画像5]https://digitalpr.jp/simg/1117/29233/700_624_201810101435325bbd8fa49772b.jpg

<用語説明>
*1) Arduino(アルドゥイーノ)、mbed(エンベッド)
[画像6]https://digitalpr.jp/simg/1117/29233/700_119_201810101437025bbd8ffee7e73.jpg

*2) オープンプラットフォーム
ハードウェアやソフトウェアにおいて、詳細な製品仕様や部品リスト、プログラムのソースコードなどを公開して、幅広く普及することを目的としたもの。

※本文に記載されている会社名及び製品名は、各社の登録商標または商標です。

ロームは、1958年(昭和33年)設立の半導体・電子部品メーカーです。自動車・産業機器のほか、民生・通信など多様な市場に対し、品質と信頼性に優れたLSIやディスクリート、電子部品を供給するとともに、システム全体を最適化するソリューション提案を行っています。


本件に関するお問合わせ先
ローム株式会社 メディア企画部 広報課
〒615-8585 京都市右京区西院溝崎町21
TEL(075)311-2121、FAX(075)311-1317

Digital PR Platform

「IoT」をもっと詳しく

「IoT」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ