「SmartHR」が10月15日よりCM放映スタート。速水もこみちさんが年末調整の「時短レシピ」を披露

10月15日(月)9時40分 PR TIMES

株式会社SmartHR(東京都千代田区・代表取締役 宮田昇始)は、俳優・速水もこみちさんを起用した、クラウド人事労務ソフト「SmartHR」のテレビCMを10月15日(月)より放映いたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/15987/45/resize/d15987-45-821866-3.png ]



◼ CMについて

手際の良い料理でお茶の間を魅了する速水もこみちさん。今回挑戦するのは、なんと年末調整!

年末調整という難題を前に、速水もこみちさんは困惑するかと思いきや、そこには予想外の“時短レシピ”が……!?

このCMでは、これまで年末調整に必要だった「書類」「ハンコ」「データ入力の手間」が省ける、年末調整の「時短レシピ」を紹介しています。

従業員はスマートフォンやパソコンから簡単なアンケートに答えるだけ。担当者はアナログで煩雑な作業から解放され、年末調整のペーパーレス化を実現します。

特設ページ: https://smarthr.jp/nc/


◼ CM概要
タイトル :年末調整の時短レシピ
放映期間 :10月15日(月)〜
放映エリア:関東圏

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=KcDS2ue4kHc ]



関東圏でのテレビCMと同時に、YouTube、東京メトロ全線の液晶ディスプレイ(Tokyo Metro Vision)や駅ナカのポスター広告など、様々な箇所でプロモーションを展開します。


◼ 速水もこみちさん インタビュー
この度SmartHRさんのイメージキャラクターを担当させて頂くことになり、とても嬉しく思います。
楽しく撮影させて頂き、皆さんにしっかりと、SmartHRの良さ、便利さを伝えられるようなCMに仕上がりました。是非、楽しみにして頂けたらと思います。


・クラウド人事労務ソフト「SmartHR」( https://smarthr.jp/ )
「SmartHR」は、企業が行う社会保険・雇用保険の手続きの自動化を目指すクラウド人事労務ソフトです。従業員情報を入力するだけで必要書類を自動作成し、総務省が提供するe-Gov APIと連携し、Web上から役所への申請も可能です。また、マイナンバーの収集・管理や、Web給与明細、年末調整の書類作成機能にも対応しており、煩雑で時間のかかる労務手続き・労務管理から経営者や人事担当者を解放します。
社会保険・雇用保険の電子申請対応型クラウド人事労務管理ソフト シェアNo.1 (※2017年 シード・プランニング社調べ)


・ペーパーレス年末調整機能について( https://smarthr.jp/nc/ )
SmartHRに登録されている情報をもとに、従業員はPCやスマートフォンから簡単な質問に回答していくだけで年末調整が完了します。大量の書類やデータ入力の手間は不要。年末調整に要する時間やコストを大幅に短縮できます。

◼ SmartHR 会社概要
社 名 株式会社SmartHR
所在地 東京都千代田区麹町2-1 PMO半蔵門 9F
代表取締役 宮田昇始
設 立  2013年1月23日
資本金 20億7,613万円(資本準備金含む)
企業URL https://smarthr.co.jp/
事業内容 クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の企画・開発・運営

PR TIMES

「速水もこみち」をもっと詳しく

「速水もこみち」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ