【ペット保険のアイペット】「ペット休暇制度」の対象ペットの範囲拡大!新たにハムスター・イグアナ・カメなども対象に

10月17日(水)15時0分 @Press

アイペット損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山村鉄平)は、2018年11月1日(木)にペット保険「うちの子キュート」の対象ペットの範囲を拡大することに伴い、「ペット休暇制度」の対象ペットも同様に拡大いたします。当社では、2016年7月より犬・猫と一緒に暮らしている従業員を対象に「ペット休暇制度」を導入し、2017年7月にはペット保険「うちの子キュート」の対象ペットである鳥・うさぎ・フェレットに本制度の対象を拡大いたしました。これまでも、ペットと暮らす多くの従業員が本制度を活用してきましたが、今回の対象ペット拡大により、より多くの従業員が家族であるペットと多くの時間を過ごせるようにいたしました。

「ペット休暇制度」の概要
1.ペット忌引き
従業員と一緒に暮らしているペットが亡くなった際、休暇を取得できる
2.ペット休暇
ペットと一緒に暮らしている従業員が、ペットと過ごすための休暇を取得できる
※1.2共に、当社ペット保険の加入有無は不問

今回の変更点(下線箇所が変更点)
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/168735/img_168735_1.png

ペット休暇制度の利用状況(2017年10月1日〜2018年9月30日)
全従業員の30%以上がペット休暇制度を利用しており、制度の浸透や対象ペットの拡大により本制度の利用率も伸びています。
1.ペット忌引き:3名(取得日数:4日)
2.ペット休暇:128名(取得日数:137.5日)

ペットの手術や急な通院で休暇を取得した従業員からは「動物病院の診療日と休日が合わないときに、ペット休暇が使えて助かった」「ペットの急な体調不良にも対応できてありがたかった」など、また、ペットの誕生日に休暇制度を利用した従業員からは「ペットのために普段作れない時間を作れた」など、ペットと過ごす時間を有意義に使えたとの声が多数寄せられています。

当社では、今後も経営理念に掲げる「ペットとの共生環境の向上とペット産業の健全な発展を促し、潤いのある豊かな社会を創る。」に基づき、従業員にとって働きがいのある職場づくりを目指してまいります。

【アイペット損害保険株式会社について】
会社名:アイペット損害保険株式会社(https://www.ipet-ins.com)
代表取締役:山村 鉄平
本社所在地:〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル
事業内容:損害保険業


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「ハムスター」をもっと詳しく

「ハムスター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ