無線照明制御システム「LiCONEX(ライコネックス)」と連動調光調色シリーズのラインアップ拡充 LEDスポットライト「S-tria(エストリア)調光調色」を発売

10月17日(木)19時35分 PR TIMES

 アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、当社独自の照明制御システム「LiCONEX(ライコネックス)」に対応したLEDスポットライト「S-tria(エストリア)調光調色」を2019年10月下旬より発売します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/19955/270/resize/d19955-270-126412-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/19955/270/resize/d19955-270-120357-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/19955/270/resize/d19955-270-532359-1.jpg ]


 近年、店舗照明において商品展示の演出や売場レイアウトの変更に合わせた雰囲気づくりの一つとして、照明の光色や明るさを変更することで、店舗の照明環境をより最適なものにするニーズが高まっています。また、オフィスにおいては人間の生体リズム(サーカディアンリズム)に合わせて、照明の光色や明るさをコントロールすることで知的生産性を向上し、働き方改革を促す取り組みが行われています。そのため当社は今回、独自の通信プロトコルを採用した無線照明制御システム「ライコネックス」と連携した「調光調色シリーズ」のラインアップを拡充します。

 今回発売するLEDスポットライト「S-tria調光調色対応モデル」は「ライコネックス」に対応しており、調光配線の配線施工をすることなく、スポットライトの光色と調色が可能です。そのため、既存の店舗環境においても大規模な施工をすることなく、調光調色の照明の導入ができます。色温度は2700~6000Kから選択できるので、レイアウトや展示物の変更、店舗のコンセプトや空間に応じて自在に明るさと色温度を調整できます。また本体重量は約1200gと軽量のため、取り付けが容易で、ダクトレールにかかる負担も軽減できます。電源を製品本体に内蔵し、配線コードが見えないため、空間に調和するシンプルなデザインを実現しています。

 当社は今後も「ユーザーイン」の視点で商品開発を行うことにより、快適空間の構築に貢献していきます。


■商品特長
ライコネックスに対応し、一台ごとに調光・調色が可能
 当社独自の無線照明制御システム「ライコネックス」に対応し、一台ごとに調光・調色ができます。色温度は2700〜6000Kから選択でき、温かみのある暖色系から清潔感のある昼光色まで、店舗のコンセプトや売場の雰囲気に合わせて演出が可能です。またレイアウト変更の際に照明器具を交換することなく色温度を変えられるため、商品陳列の変更などにも柔軟に対応できます。

[画像4: https://prtimes.jp/i/19955/270/resize/d19955-270-360933-3.png ]


■「ライコネックス」の共通特長
1. 無線の照明制御装置のため、大掛かりな工事が不要
2. ウェブアプリによって、タブレットやスマートフォンから個別の制御が可能
3. 独自開発の「メッシュリンクプロトコル」による高い安定性と高速通信

1.無線の照明制御装置のため、大掛かりな工事が不要
 無線のため天井裏の大掛かりな配線工事をせずに設置でき、周辺機器も通信の親機となる「ベースモジュール」のみで操作できるため、有線の照明制御システムと比較して初期投資を大幅に抑えることができます。また、専用の灯具には一台ごとに設定された情報を記憶した「アドレスキー」を内蔵しているため、灯具の交換の際にはアドレスキーを移し替えるだけで、再設定を行うことなく使用できます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/19955/270/resize/d19955-270-936086-7.jpg ]


2.ウェブアプリによって、タブレットやスマートフォンから個別制御が可能
 ウェブアプリを通して操作でき、タブレット、スマートフォン、パソコンなど、様々な機器から操作が可能です。照明器具一台ごと個別に制御することができるため、離席時に自分の席のみ消灯するなどの細かな節電が可能です。また、時間ごとの調光が可能なため、昼の明るい時間には照度を抑えるなど不要な消費電力を削減することができ、LEDによる節電効果と合わせて最大85%(※1)の大幅な消費電力削減を行うことができます。

3.独自開発の「メッシュリンクプロトコル」による高い安定性と高速通信
 一般的な無線照明制御システムは、親機からそれぞれの照明器具に直接指令を発信するため、壁などの障害物がある場合、親機を設置する場所に多くの制限がかかる場合がありました。ライコネックスは当社独自の通信方式である「メッシュリンクプロトコル」により、照明器具から照明器具へとリレー方式で信号を伝達します。指定の照明器具まで信号を伝える最短ルートをそれぞれの照明器具が自動で選択するので、素早く安定した通信が可能です。また、通信を阻害するほかの電波が飛んでいる周波数チャネルを避けて、都度最適なチャネルで通信する「チャネルホッピング」により、混雑しやすい2.4GHz帯域ながら安定した通信が可能です。

[画像6: https://prtimes.jp/i/19955/270/resize/d19955-270-974244-6.jpg ]



■「S-triaシリーズ」の特長
1. 軽量設計のため容易に取付できる
2. 美しさと使いやすさを両立したデザイン
3. 独自設計のレンズでなめらかな光を実現

1. 軽量設計のため容易に取付できる
 本体重量が約1200gと軽量のため取り付けが容易に行えることに加え、ダクトレールにかかる負担を軽減できます。

2. 美しさと使いやすさを両立したデザイン
 ダクトレールの端や限られた場所でも本体の向きを制限されることなく設置することができます。さらに、配線コードが見えない設計にすることで、空間に調和するシンプルなデザインを実現しています。
[画像7: https://prtimes.jp/i/19955/270/resize/d19955-270-470855-5.jpg ]

3. 独自設計のレンズでなめらかな光を実現
 独自開発のレンズにより、ムラの少ないなめらかな光を実現しています。配光角度は25度、55度の2タイプをラインアップし、設置用途に合わせて選ぶことができます。
[画像8: https://prtimes.jp/i/19955/270/resize/d19955-270-995137-4.jpg ]



無線照明制御システム「ライコネックス」対応の「調光調色シリーズ」
・LED一体型ベースライト LXシリーズ
・LEDベースライト SQシリーズ
・システム天井用LEDグリッド照明
・LEDスポットライト S-triaシリーズ(2019年10月下旬発売予定)
・LEDダウンライト(2019年12月発売予定)

[画像9: https://prtimes.jp/i/19955/270/resize/d19955-270-323604-9.jpg ]


※1:蛍光灯32Wインバーター式 Hf32形×2本(70W)とラインルクス無線調光型5200lm(34,3W)との比較。当社調べ。適正照度制御。スケジュール制御、不在時消灯を行った場合。設備、環境により削減率は変動します

PR TIMES

「照明」をもっと詳しく

「照明」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ