スポーツビジネスの知見を広めるオウンドメディア「Sports Sponsorship journal」を創刊 株式会社フラッグ、スポーツビジネス展開を支援するスポーツビジネス開発室を開設

10月20日(金)16時30分 @Press

株式会社フラッグ(本社:東京都武蔵野市、代表取締役:久保 浩章)は、2017年10月20日、拡大が見込まれるスポーツ市場において、クライアントのスポーツビジネス展開を支援するべく、スポーツビジネス開発室を開設、オウンドメディア「Sports Sponsorship journal」(読み方:スポーツ・スポンサーシップ・ジャーナル)を創刊いたしました。

Sports Sponsorship journal: https://www.sports-sponsorship.jp/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/139620/LL_img_139620_1.jpg
Sports Sponsorship journal イメージ

スポーツ業界が盛り上がりを見せる中、スポーツビジネス市場も一層の拡大が見込まれています。「コト消費」の代表とも言えるスポーツビジネス市場は、今後も成長市場として期待されており、企業のスポーツコンテンツへの投資であるスポンサーシップの動きも活性化を見せています。また、企業名やサービス名の露出を目的としたスポンサーシップだけでなく、スポンサーシップによって得た権利を用い、企業課題を解決する活動である「アクティベーション」も活性化しています。


本媒体では、スポーツビジネスに実績がある執筆陣が、欧米のプロスポーツにおける各種スポンサーシップの事例や、プロモーションの取り組みなどを紹介し、スポーツビジネスの知見を求める読者に対して、より有効で質の高いスポーツビジネスの情報を提供していきます。


【公開記事例】
・スポンサーシップによる、各種権利活用の事例
・最新テクノロジーを用いたスポンサーシップ事例
・デジタルコンテンツとスポーツのプロモーション事例
・スポーツチーム・リーグ等のソーシャルメディアマーケティング事例 など


フラッグはこれまでに映像やWebコンテンツの企画・開発・制作やソーシャルメディアを使ったプロモーションの企画・運用を行ってきました。
またスポーツに関するものは、『TOKYO MARATHON 2010』公式DVDの制作をはじめ、DVD『プロバスケ選手に学ぶ bjリーグクリニック』(クライアント:株式会社日本プロバスケットボールリーグ)、Vリーグ公式サイト(クライアント:一般社団法人日本バレーボールリーグ機構)、3人制バスケットボール「3×3」公式サイト・日本選手権オープニング映像(クライアント:JBA)、日本陸上競技連盟公式サイト(クライアント:JAAF)、フリーマガジン「キングスマガジン」(クライアント:沖縄バスケットボール株式会社)、サンロッカーズ渋谷プロモーション・ツール(クライアント:株式会社日立サンロッカーズ)、DVD「bj-league THE FINAL」(自社制作)などの企画・制作も行って参りました。

創刊と同時に開設したスポーツビジネス開発室では、当社の強みである企画や制作におけるノウハウ、各種ITソリューション、さらに様々なクライアントとのコネクションを複合的に活用し、クライアントの更なるスポーツビジネス展開を支援、事業の発展を目指します。


【株式会社フラッグについて】
株式会社フラッグは、2001年3月の創業以来、「クリエイティブとビジネスの幸せな融合」を企業理念として活動して参りました。現在では6拠点(吉祥寺・渋谷・名古屋・大阪・松山・沖縄)において、映像やWebの企画・制作からWebメディア等とのタイアップ、PRプロモーションまでワンストップでサービスを提供しています。

本社所在地: 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-10 いちご吉祥寺ビル4F
代表 : 代表取締役 久保 浩章
事業内容 : コンテンツ制作事業/プロモーション事業/
メディアサービス事業/コンテンツビジネス開発事業/教育事業
Webサイト : http://www.flag-pictures.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

ビジネスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ