自動車クロージャーシステムの世界最大手、キーケルト「東京モーターショー2019」に初出展

10月21日(月)11時5分 PR TIMES

自動車クロージャーシステムの世界最大手、キーケルト(本社:ドイツ・ハイリゲンハウス)はこの度、
10月23日〜11月4日に東京ビッグサイトにて開催される「東京モーターショー2019」へ出展します。

キーケルト(kiekert)は、1857年創業の自動車クロージャーシステムの世界最大手で、グローバルに事業展開するテクノロジーカンパニーとして、60を超える自動車メーカーの信頼を獲得しています。

100平方メートル超の展示エリア(西ホール4/ブース番号:W4206)には、革新的な自動車アクセスシステムが展示され、東京モーターショー2019の会期中、キーケルトの革新的な技術をブースにてご体感いただけます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/50083/1/resize/d50083-1-540006-0.jpg ]


東京モーターショー2019 キーケルト社ブース
日程:10月23日(水) 〜11月4日(月)
場所:東京ビッグサイト 西4ホール W4206

東京モーターショーでは、キーケルトのインテリジェントで先進的な自動開閉ドアシステム「actiMOVE」、スライディングドアのドライブシステム「actiSLIDE」、E-ラッチ「excellENTRY」、e-チャージセキュリティシステム「secuCHARGE」、その他様々なアクセスソリューションをブースにご用意しております。

自動開閉ドアシステム「actiMOVE」
キーケルトの「actiMOVE」システムは、自動でのドア操作を可能にします。あらゆる使用条件に適応性を持った仕様のため、様々な機能を提供することが可能です。例えば、アシストモードにより「重さを感じない」ドア操作が可能となり、電力喪失の場合には独自システムにより、楽にドアを開くことができます。

「actiMOVE」技術により、自動車メーカーの課題に対し、柔軟に自動操作可能なサイドドアの導入を検討することができます。自動車メーカーの要望に対応すべく、キーケルトは設置スペースや機械的・電気的インターフェースのカスタマイズに対応します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/50083/1/resize/d50083-1-293612-1.jpg ]

パワースライディングドア ドライブシステム「actiSLIDE」
キーケルトのパワースライディングドア ドライブシステムは、MPV向けの軽量かつコスト低減効果の高いアクセスソリューションです。この革新的な製品により、シンチング機能付きドアラッチ、スライディングドア ドライブユニット、電気制御ユニットや挟み込み防止センサーを含むワンストップソリューションが可能となります。また、ハンズフリー、音声操作、その他の先進的な操作システムとの統合も可能で、より便利でインテリジェントなスライディングドアを可能にします。
[画像3: https://prtimes.jp/i/50083/1/resize/d50083-1-381809-2.jpg ]

E-ラッチ「excellENTRY」
キーケルトの「excellENTRY」は、その先進的なアクセスソリューションにより自動車メーカーの新たな世界を広げます。ドア操作時に必要な操作力の低減やタッチセンサーにより、ドアをより快適に開くことができます。本製品を使用することにより、自動車の設計者や製造者は、アウトサイドハンドルやフラッシュドアデザイン等の幅広いスタイリングや設計を行うことが可能です。
「excellENTRY」は電力喪失の場合の操作を可能にするための十分な機械的・電気的なバックアップを備えており、安全性についても保証されています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/50083/1/resize/d50083-1-893483-3.jpg ]

e-チャージングセキュリティシステム「secuCHARGE」
キーケルトの充電プラグアクチュエーター「secuCHARGE」は、電気自動車をより安全で確実に充電するために設計されました。この新しくコンパクトで頑丈なe-チャージングセキュリティシステムは革新的な駆動技術を特徴としています。非常に小さなパッケージ内の高いギア比により、従来型以上のトルクを発生させ、最小限のスペースで最大限の効率を発揮します。頑丈な構造と改良されたセンサーにより、ロッキングピンをより正確かつ確実に検出できるようになり、システムの高い安全性が保証されています。本製品は、車のキーリモコン、スマートフォンやタブレット等の携帯機器を使って開錠することが可能で、異状が発生した場合は、機械式の緊急リリースボタンまたはレバーを使うことにより、充電プラグの取り外しが可能です。
[画像5: https://prtimes.jp/i/50083/1/resize/d50083-1-630098-4.jpg ]


キーケルトは1857年の創業当時、ドイツ国内のニーズに対応した家具用の金物や掛け金、輸送部門向けのラッチを製造していました。その後、自動車ロックシステムの製造を主として事業拡大し、今日では世界の主要地域の自動車メーカーへ製品を提供しております。キーケルトグループは世界11カ国に6,500名の従業員を有し、2018年には10億米ドルの総売上高を記録しました。
キーケルトジャパンは、急成長するアジア自動車市場の顧客に対してサービスを強化するため、2015年に横浜に設立され、日本のお客様のニーズ合わせた提案を迅速に行っています。

キーケルトについて www.kiekert.com
1857年創業のKiekert AG(キーケルト)は自動車ロックシステムのテクノロジーリーダーです。世界11カ国で6,500名の従業員を抱え、8カ所の生産拠点、7カ所の開発拠点、3カ所の営業拠点を有しています。顧客向けにカスタマイズした様々なソリューションをご提供すべく製品の開発・製造・販売を行い、2018年の年間売上高は10億米ドルを記録しています。

PR TIMES

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ