スポーツ試合実況をSNSで拡散!Photoshop不要のデザイン加工 iOSアプリ『Spogram(スポグラム)』を提供開始

10月19日(金)10時30分 @Press

プラスクラス・スポーツ・インキュベーション株式会社(以下 PSI)は、自社開発したiOSアプリケーション「Spogram(スポグラム)」を、スポーツチームを運営されている法人様向けに10月より提供開始しました。

URL: http://plus-class.co.jp/news/spogram-launched/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/167609/LL_img_167609_1.jpg
当日の試合結果(画像A)


Spogramはスポーツに特化した画像編集アプリで、撮影した画像を簡単にiPhone上で加工し、各種SNSですぐにシェアできるアプリです。すでに数チームで利用が開始されており、SNS上にもアプリ経由での投稿が見られるようになっています。

画像Aはその日の試合結果を報告するもの、画像Bはその日最も活躍した選手のスタッツを報告するものになります。このような画像をInstagramやTwitter、各種SNSでハーフタイムや試合終了後に“すぐ”アップすれば、ファンの満足度は非常に高くなり、チームへのエンゲージメントが高まります。

当日の試合結果(画像A)
https://www.atpress.ne.jp/releases/167609/img_167609_1.jpg
活躍選手のスタッツ(画像B)
https://www.atpress.ne.jp/releases/167609/img_167609_2.jpg

従来、このような画像を制作する場合には、

(1)広報担当者やカメラマンが写真を撮影する
(2)画像をデザイナーに渡す
(3)Photoshopなどのデザインツールで編集・加工する
(4)広報担当者にデザイン済画像を渡す
(5)SNSでシェアする

という流れが必要でした。これではSNSの特徴でもある、今起きているコトを“すぐに”シェアする、という施策を実現できないばかりか、デザインチームを組織内にお持ちでないスポーツチームでは実施することさえできませんでした。

例えば、試合結果報告であれば、アプリ内の画像Cの画面で情報を入力して写真を選択、あるいはその場でカメラを起動して撮影することで、あらかじめ用意したフレームとともに、一瞬で上述の画像ABを作成することができます。その場で撮った生の写真を“すぐに”このSpogramで編集して、リアルタイムに情報を発信することができます。また、フレームの種類は、アプリのアイテム課金のように、いくつでも追加で用意することができます。バスケやサッカー、野球だけに限らず、どんなスポーツにも対応可能です。

作成画面(画像C)
https://www.atpress.ne.jp/releases/167609/img_167609_3.png

もっとスポーツのコンテンツが溢れる世の中にしたい。スポーツ業界にデジタルの力で貢献したい。その一心でPSIは日々試行錯誤しています。現在30チームのプロスポーツチームと向き合う中で、人的リソース不足から起こるコンテンツ提供のスピード感に課題を感じ、それを解決するためにSpogramを開発しました。いずれはSpogramを一般ユーザーにも公開し、スポーツをより身近に、より楽しめるアプリとして成長していきたいと考えています。

Spogramを通じて、スポーツチームとスポーツのコンテンツが溢れる社会を創り上げていくPSIに今後もご期待ください。


■サービス情報
・名称 : Spogram
・OS : iOS 11.0 以降
・料金 : 月額3,000円〜
・発売日 : 2018年10月1日
・販売元 : プラスクラス・スポーツ・インキュベーション株式会社
・販売方法: ダウンロード用URLを配布
・URL : http://plus-class.co.jp/news/spogram-launched/


■企業情報
・会社名 :プラスクラス・スポーツ・インキュベーション株式会社
・設立年月:2016年2月3日
・代表者 :平地 大樹
・所在地 :東京都千代田区永田町2-17-3 来栖ビル4F
・電話番号:03-6206-6788
・事業内容:スポーツにおけるデジタルマーケティング、
プロアスリートのセカンドキャリア支援


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「iOS」をもっと詳しく

「iOS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ