FXに大切な3つの「K」 Keizoku、Keikaku、Kakakuを解説

10月23日(火)7時0分 NEWSポストセブン

「儲かる」というイメージはあるものの「失敗リスクも高い」というイメージも同時にあるFX。そこで、FX初心者の人やFXに興味を持っている人に、生き残るため、「これだけは覚えておくべき」というヒントをお金の総合サイト「マネーアイデア」を運営する吉田文吾氏に聞いてみた。以下、吉田氏の解説だ。。


 * * *

 まず、FXに大切な3つの「K」からお話しいたします。その3つとは……、【1】継続(Keizoku)、【2】計画(Keikaku)、【3】価格(Kakaku)です。順番に解説していきましょう。


【継続(Keizoku)】

 仕事・スポーツなどは、継続なくして成功はありえません。一説には、スポーツや技芸で、一定レベルに達するのに1万時間必要といわれています。1日5時間×300日×7年間=1万500時間です。何かで上達したいと思えば、1回や2回のトライで成功しないことは、皆さんもお分かりいただけると思います。


 FXもまったく同じです。初心者の方は、1、2回の損得を考えるのではなく、一定の期間、続けることを考えるのです。例えば、「1年間、FXをやり続けよう」と決めるのです。 すると考え方が変わります。途中リタイアはできません。 つまり、1年間、続けると決めた瞬間から、資金配分を始めとした計画が必要になり、勝算のない無謀な取引ができなくなります。


【計画(Keikaku)】

 計画と見直しを行なうことで、失敗や成功を次に活かせます。ビジネスでいう計画・実行・見直しのサイクルです。まず、FXを始めるときに、資金計画を作りましょう。1年間続けるためには、そう簡単にお金を無くすわけにはいきません。仮に120万円の余裕資金があるとして、1か月で負けられる範囲は「10万円」です。1か月に10万円以上、負けないようにするのです。そう考えると、なんだか、軽はずみに売買できなくなりませんか?


 資金計画の次に取引のスタイルを決めます。FXは、ドル/円、ユーロ/円などの通貨ペアがあります。チャートやテクニカル分析は何を使うのか? どのタイミングで取引をするのか? 損切りの目安はどこに置くのか?


 これらを、チャートやニュースを見ながら決めていくのです。デモトレード(仮想取引)や少額取引で試していくのも良い方法です。計画に大切なことは継続です。「絶対儲る」などと喧伝されている投資手法にふらふらと浮気しては、何も身に付きません。


【価格(Kakaku)】

 相場とは、人の心や欲望が強弱せめぎ合う場です。その集大成が価格(Kakaku)になります。いくら儲けた、いくら損したと、損益ばかり考えてしまうと自身の心の弱さが出ます。 損益額よりも価格を意識することです。


 自分の近所にあるスーパーの特売日は? いつもキャベツが何円で売っているかを分かっていると、お得に買い物ができます。相場も同じです。今の価格はいくらか。それは過去に比べて高いのか安いのか? なぜ、安いのか? さらに安くなる可能性は? 自分が米国や欧州の銀行に勤めていて何百億円を運用していれば何を買いたいか? ギリシャ人だったらどうしたいか? などを考えることで、相場と価格を身体で覚えてしまうのです。


 いかがですか? ここまで進むことができたら、いよいよスタートです。すでに走り始めている方も、一旦立ち止まって準備を整えてからFXの再スタートを切ってみてください。


※マネーポスト2012年秋号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

解説をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ