「都条例ぷんすか(ω)」の「はるかぜちゃん」、1年を振り返る

10月24日(月)12時15分 J-CASTニュース

『はるかぜちゃんのしっぽ(ω)』

写真を拡大

   太田出版から発売された単行本『はるかぜちゃんのしっぽ(ω)』(著・春名風花)が話題を呼んでいる。



1万5000を超すツイートから厳選

   春名風花さんは、映画「涙そうそう」「カムイ外伝」や「パピコ」のCMなどに出演している注目の子役だ。3歳からブログを始め、9歳からはツイッターも「はるかぜちゃん」名義でスタート。2011年3月、東京都の青少年育成条例問題に関し、ツイッターで「都条例ぷんすか(ω)」とつぶやいたことで、彼女の名は一躍世に知られることとなった。


   本書では、春名さんが1年間にわたってつぶやいた1万5000を超すツイートの中から厳選したものに、それぞれ現在の気持ちをコメントとして掲載している。


   192ページ。定価1260円。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「はるかぜちゃん」をもっと詳しく

「はるかぜちゃん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ