GPS機能を使ってスマホから出退勤が可能に。外出やリモートワーク時に位置情報を把握:クラウド型勤怠管理ICタイムリコーダー

10月24日(木)5時45分 PR TIMES

出張や直行直帰など外出先から位置情報機能を使って出退勤

出張や外出先でスマートフォンのGPS機能を使って打刻ができるようになりました。出張後に管理者が修正したり、本人が時刻の申請をする必要がありませんので煩わしい管理が不要になります。
また、打刻した場所はGPS機能により参照することができます。

クラウド型、勤怠管理システムの「ICタイムリコーダー」(開発元:株式会社オープントーン・本社:東京都千代田区)は、GPS機能をつかってスマホ打刻が可能になりました。ワンタップでスマートフォン専用の打刻画面にログインし出退勤がおこなえます。

 ブラウザベースでの機能実装のため、android、iPhoneからタブレット端末まで幅広いご利用が可能です。

標準機能として搭載されますので、普段はICカード、外出時はスマホで打刻といった使い分けが可能となります。また、位置情報を使って外出場所が証明できるので、出張後に管理者が修正したり、本人が時刻の申請をする必要がありませんので煩わしい管理から解放されます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/9292/83/resize/d9292-83-579434-2.png ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/9292/83/resize/d9292-83-602168-6.jpg ]

≪スマートフォン打刻画面≫
[画像3: https://prtimes.jp/i/9292/83/resize/d9292-83-671064-3.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/9292/83/resize/d9292-83-876206-4.png ]

≪≪管理画面で「地図」をクリックすると→打刻場所が表示≫≫


【ICタイムリコーダー:製品コンセプト】

「ICタイムリコーダー」は、月額150円/人(税別)の「簡単・便利・低価格」をコンセプトとしたクラウド型勤怠管理システムです。

ICカードのほかブラウザやスマホ・顔認証やAmazon Alexa対応スマートスピーカーでの音声打刻でも打刻可能。低価格ながら、勤怠管理のみならず時間外労働や休暇の申請・承認のワークフロー、有給休暇の自動付与、シフト管理や給与ソフトとの連携など、多彩な機能を備え、企業の業務改善・効率化に大きな力を発揮します。

ICカード打刻の場合、PCに接続する低価格のICリーダーに加え、PC不要ですぐに始められるカードリーダー「ピットタッチ」のご利用も可能です。PCやネットに対する知識がなくても1時間程度で簡単に導入が完了します。

インターネットを使用するクラウド型サービスなので、分散拠点でもシームレスな管理が可能です。紙のタイムカード運用で集計や管理コストに悩まされていた、分散拠点を多く持つ数百名規模の企業様にもご採用いただいております。

「簡単・便利・低価格」を合言葉に、中小企業を中心に導入社数を増やし続ける ICカードを使用したクラウド型勤怠管理システムICタイムレコーダー。150円で時間外労働や休暇の申請・承認、給与ソフトとの連携やシフト管理等、数々の中小企業の業務改善に貢献しています。

★「ICタイムリコーダー」製品について
https://web.ic-tr.jp/

★トライアルお申込み
https://web.ic-tr.jp/trial/

★会社概要
会社名 :株式会社オープントーン
http://www.opentone.co.jp/
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-5-2 須田町佐志田ビル6F
設立 :平成15年2月17日
代表者 :佐藤 大輔
従業員数:50名 (令和元年8月現在)
資本金 :1,500万円

★本件に関するお客様からのお問い合わせ先
株式会社オープントーン
ICタイムリコーダー事業部:サポート窓口
E-mail:workinghours-sales@opentone.co.jp
TEL : 03-4530-6222 FAX : 03-6368-4458

PR TIMES

「GPS」をもっと詳しく

「GPS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ