大注目のアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」関連書籍が続々発売!対象書籍を買って限定賞品が当たるプレゼントキャンペーンもスタート!

10月24日(木)9時45分 PR TIMES

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、映画「ぼくらの7日間戦争」のノベライズを角川文庫より10月24日発売。これに合わせてプレゼントキャンペーンも実施いたします。

1985年の発売から時代を超えて愛され続け、シリーズ累計では2000万部を超える宗田理 著『ぼくらの七日間戦争』。1988年には実写映画化され、今回その30年後を描くアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」が12月13日(金)公開となります。
KADOKAWAでは本作の公開に合わせて映画ノベライズやコミカライズなど続々刊行予定。また、原作本『ぼくらの七日間戦争』をはじめ関連書籍を集めたプレゼントキャンペーンを実施いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/7006/6360/resize/d7006-6360-696390-6.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/7006/6360/resize/d7006-6360-309142-5.jpg ]



「ぼくらの7日間戦争」プレゼントキャンペーン
※プレゼントのご応募にはKADOKAWAアプリをインストールしていただく必要がございます。

●参加方法
全国の書店で「ぼくらの7日間戦争」の関連書籍を合計1,000円ご購入いただくとプレゼントへご応募が可能となります。

●応募方法
KADOKAWAアプリをインストール https://promo.kadokawa.co.jp/kadokawa-app/

対象書籍を購入したレシートを投稿(1週間以内)
購入書籍1冊ごとの本体価格100円につき10ポイント獲得。

100ポイントでプレゼントへご応募可能となります。

以下のような場合は対象外となりますのでご注意ください。
※実店舗のない書店(ネット書店含む)での購入および定価以外でのご購入。
※領収書やクレジットカードの控え。
※ご購入後1週間を過ぎたレシート

より詳しいアプリの操作方法、ポイントについて、レシート投稿についてはKADOKAWAアプリ内の説明をご覧ください。

●プレゼント内容

[画像3: https://prtimes.jp/i/7006/6360/resize/d7006-6360-888617-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/7006/6360/resize/d7006-6360-846616-4.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/7006/6360/resize/d7006-6360-995029-8.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/7006/6360/resize/d7006-6360-270609-9.jpg ]




原作:宗田理 直筆サイン入り本 10名様 (本は指定できません)
映画「ぼくらの7日間戦争」北村匠海芳根京子、宗田理 直筆サイン入り映画ポスター 10名様
映画「ぼくらの7日間戦争」主題歌:「決戦前夜/おまじない/スピリット」Sano ibuki 直筆サイン入りCD 5名様
宮沢りえ主演実写映画「ぼくらの七日間戦争 DVDツインパック 【期間限定】」 5名様

●キャンペーン実施期間
2019年10月24日(木)〜2020年2月29日(土) ※期間内に購入したレシートが対象

●対象書籍
『劇場版アニメ ぼくらの7日間戦争』ノベライズ 角川文庫版、つばさ文庫版、コミカライズ、原作『ぼくらの七日間戦争』角川文庫版、つばさ文庫版、コミカライズを含む「ぼくら」シリーズ34冊 
対象書籍はこちら → https://www.kadokawa.co.jp/pr/b2/bokura7/ からご確認いただけます。

<原作「ぼくら」シリーズ>
宗田理が、時代の空気を読み解き、そのときどきの社会背景を下地に、爽快な作戦やいたずらで “悪い大人”に一矢報いる子供たちを描く“ぼくら”シリーズは、既刊40巻以上、累計発行部数2000万部以上を記録。長年にわたり主人公の菊地英治たちの中学から高校、青年時代を描き続けてきた。2018 年には「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」で、あまたの新作タイトルの中で、唯一のロングセラー小説として第8位に選出され、世代を越えて愛される傑作として確固たる地位を示した。新作を期待する読者の声に応え、91歳を迎えてなお、“ぼくら”シリーズの新作を執筆している。シリーズに『ぼくらの天使ゲーム』『ぼくらの大冒険』(角川文庫、角川つばさ文庫)など多数。

<映画「ぼくらの7日間戦争」>12月13日(金)全国ロードショー 

[画像7: https://prtimes.jp/i/7006/6360/resize/d7006-6360-797271-10.jpg ]



ストーリー
いつもひとりで本ばかり読んでいる、鈴原守。片思いの相手は、お隣に住む幼馴染の千代野綾。しかし綾は、一週間後に議員である父親の都合で東京へ引っ越すことを迫られていた。「せめて、17歳の誕生日は、この街で迎えたかったな」。やり場のない綾の本音を聞き、守は思い切って告げる。「逃げましょう……っ!」。
綾の親友・山咲香織をはじめ、明るく人気者の緒形壮馬、ノリのいい阿久津紗希、秀才の本庄博人までもがこの逃避行に加わり、駆け落ちを夢見ていた守は拍子抜けするが、特別な夏の始まりには違いなかった。もはや観光施設にも使われていない古い石炭工場を秘密基地に、ただ7日間、大人から隠れるだけのバースデー・キャンプ。それは、少年たちの精一杯の反抗。だがその夜、工場に潜んでいたタイ人の子ども・マレットと出会ったことで、事態は想像もしなかった方向へ向かう。不法滞在で入国管理局に捕らわれかけていた所を間一髪助けると、はぐれた家族を探しているのだと、守たちに打ち明けた—。
2日目の朝、今度は武装した入国管理局の職員が、マレットを連れ去りにハンマーを振りかぶり工場へ突入してきた。
守は、仲間たちの協力のもと、敵の撃退作戦を決行する!

キャスト:北村匠海 芳根京子 / 宮沢りえ(特別出演)/潘めぐみ 鈴木達央 大塚剛央 道井悠 小市眞琴 櫻井孝宏
原作:宗田理『ぼくらの七日間戦争』(角川つばさ文庫・角川文庫/KADOKAWA刊)
監督:村野佑太 脚本:大河内一楼 制作:亜細亜堂 配給:ギャガ KADOKAWA 製作:ぼくらの7日間戦争製作委員会

映画公式サイト http://7dayswar.jp/

PR TIMES

「書籍」をもっと詳しく

「書籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ