『GTFグリーンチャレンジデー2023 in 新宿御苑』紀文食品が協力企業として参画

2023年10月25日(水)10時15分 Digital PR Platform


 株式会社紀文食品(以下 紀文食品)は、2023年11月4日(土)〜5日(日)に開催される『GTFグリーンチャレンジデー2023 in 新宿御苑』に協力企業として参画いたします。

【参画の目的】
 紀文食品は社是である「感謝 即 実行」に基づき、持続可能な社会の実現に向けた活動に対し サステナビリティ基本方針を定め、自然の恵みとお客様・ステークホルダーに感謝し、SDGsの達成を柱としてESGに配慮した経営を推進しております。また食品メーカーとして、自然から素材をいただき“豊かな食”へつなげる商品を開発・生産するとともに、企業市民として自然の恵みに感謝し環境との調和を図ることに努めております。
 地球環境への負荷低減のために、一足飛びではなく着実に取組む紀文食品の活動の方向性と、『GTFグリーンチャレンジデー2023 in 新宿御苑』の開催テーマが合致したことから、昨年に引き続き参画を決定いたしました。

【参画の内容】
 『GTFグリーンチャレンジデー2023 in 新宿御苑』では、地球環境にやさしい食「環食(わしょく)」として、各地の旬な森里川海の恵みを活用した脇屋友詞シェフ監修のイベント限定メニューを提供。紀文食品は以下メニューに商品提供をいたします。

■Wakiyaのトロトロ国産牛バラ煮込みとチャイナ風おでん


[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/2636/78190/450_300_20231024115133653731350ba34.jpg

<提供商品>

鍋だね すじ

[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/2636/78190/170_120_20231024115332653731ac16e74.jpg


魚河岸あげ® 五目

[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/2636/78190/150_132_20231024115338653731b21f26f.jpg


鶏ごぼう天

[画像4]https://user.pr-automation.jp/simg/2636/78190/80_178_20231024115341653731b5d06d3.jpg


おでんや 味がしみ込んだ極厚大根

[画像5]https://user.pr-automation.jp/simg/2636/78190/130_162_20231024115345653731b9aeb97.jpg


半熟煮たまご

[画像6]https://user.pr-automation.jp/simg/2636/78190/120_165_20231024115348653731bcd1716.jpg


■国産芝海老と干し海老の旨味!!Wakiyaのプリプリ海老ご飯









[画像7]https://user.pr-automation.jp/simg/2636/78190/450_300_20231024115858653732f21fa12.jpg


<提供商品>

さつま揚 極上

[画像8]https://user.pr-automation.jp/simg/2636/78190/170_119_20231024115928653733100f1ea.jpg



【参考】GTFグリーンチャレンジデー開催概要

名 称: GTFグリーンチャレンジデー2023 in 新宿御苑
公式サイト;https://gtfweb.com/gcd2023/
日 時: 2023/11/4(土)〜5(日) 10:00〜16:00
会 場: 新宿御苑 風景式庭園
テーマ: 「つなげよう、支えよう森里川海」
主 催: GTF グレーター トウキョウ フェスティバル 実行委員会
共 催: 環境省/2030生物多様性枠組実現日本会議/新宿区/
     TOKYO FM/TBSホールディングス/TOKYO MX

 GTFグリーンチャレンジデーは、企業・自治体・団体・市民ひとり一人の地球に優しい行動=「グリーンチャレンジ」を応援する日です。そしてこの日を象徴する場として、都心にありながら広大で豊かな自然を持つ新宿御苑を会場に、官公庁・企業・団体・市民が一丸となって開催するイベントが 『GTFグリーンチャレンジデー2023 in 新宿御苑』です。
 日々の生活は森里川海の恵みに支えられ成り立っていることの認識を深め、豊かな森里川海を将来に引き継ぐために、1人ひとりがその恵みに感謝し、2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現に向けた自発的な低炭素製品への買換え・サービスの利用・ライフスタイルの選択を促すよう、各プログラムが企画・構成されています。






本件に関するお問合わせ先
株式会社紀文食品 広報室
・TEL: 03-6891-2751
・MAIL: koho_tokyo1@kibun.co.jp

Digital PR Platform

「紀文食品」をもっと詳しく

タグ

「紀文食品」のニュース

「紀文食品」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ