Fashion DirectorにShun Watanabeを迎えた全作品撮り下ろしのファッションメディア、ARCHIVE/MAISON(アーカイブ メゾン、ティザーサイト公開

10月25日(木)9時40分 PR TIMES

ブランドアーカイブを使い四次元のクリエイティブ世界を表現、第一弾はANREALAGEを迎え10月24日に公開!

シンガポールを拠点に展開するコングロマリッドResaltar Singapore Pte.Ltd.(代表者:和田 直希)は、2018年10月24日(水)よりFashion DirectorにShun Watanabeを迎え、ブランドアーカイブを使用し全作品を撮り下ろしたファッションメディア、ARCHIVE/MAISON(アーカイブ メゾン / http://archive.maison )ティザーサイト公開いたします。同時に同時に公式インスタグラム @archivemaisonも開設。
第一弾には「ANREALAGE」をフューチャーし、クリエイティビティの再定義を致します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/38722/1/resize/d38722-1-404998-0.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/38722/1/resize/d38722-1-612604-1.png ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/38722/1/resize/d38722-1-208026-2.png ]

シンガポールを拠点に展開するコングロマリッドResaltar Singapore Pte.Ltd.(代表者:和田 直希)は、2018年10月24日(水)よりFashion DirectorにShun Watanabeを迎え、ブランドアーカイブを使用し全作品を撮り下ろしたファッションメディア、ARCHIVE/MAISON(アーカイブ メゾン / http://archive.maison )ティザーサイト公開いたします。同時に同時に公式インスタグラム @archivemaisonも開設。
第一弾には「ANREALAGE」をフューチャーし、クリエイティビティの再定義を致します。

ANREALAGE/ARCHIVE/MAISON 制作チーム
Creative Direction / Naoki Wada / instagram@wadanaokii
Fashion Direction / Shun Watanabe / instagram@shun_watanabe
Model & Makeup / Lyle Reimer / instagram@lylexox
Photographer / Michael Bailey-Gates / instagram@michaelbaileygates
Hair / Sean Bennett / instagram@uhmmwhat

【NAOKI WADA – Creative Director コメント】



今、世の中に出ているクリエイティビティは色々な意味でリミットを受けていると実感しています。
それがテレビであっても、雑誌であっても、広告主の意向が入り、
例え、自社のクリエイティブであっても、その時代のトレンドに支配されているのではないでしょうか?
今シーズンのコレクションに去年のトレンドを入れるブランドはありませんが、20年後の世界からみると、同じ2010年代後半とひとくくりになります。
僕は、一切リミットを掛けずに、クライアントだけでなく時間や時空に支配されず、それをも超越する世界を、
三次元ではなく四次元のクリエイティブで、表現しました。
大好きなブランドアーカイブを使い、才能豊かな大好きな人たちと、四次元のクリエイティブ世界を。

それがARCHIVE/MAISONです。

【Fashion Director – Shun Watanabeコメント】



この撮影の依頼を受け、僕の周りで面白いビジュアルを作れるアーティストを考えた際に思いついたのが、LyleとMichaelとSeanでした。
3人とも他の撮影を一緒にしたことがあり、ANREALAGEの作るインパクトの強い服と彼らの新しく繊細なクリエーションを掛け合わせることによって、
自分の頭の中で想像する以上のものが表現できるのではないかと思い、彼らを東京に呼んで撮影することにしました。
ロケーションの選定等、撮影前に準備したことはありますが、Lyleの現場で出来上がって行くヘッドピースをみてスタイリングや撮影をライブの様に行いました。クリエイティビティにリミットを設けない撮影は予想だにしないことの連続で、想像をはるかに超えるビジュアルができたと思います。


【NAOKI WADA – PROFILE】

[画像4: https://prtimes.jp/i/38722/1/resize/d38722-1-431262-4.jpg ]


1980年、兵庫県で生まれる。 1998年より、国内外問わず多くのインテリア・ファッション・音楽に纏わる企画・制作・クリエィティブのプロデュースを手掛ける。
2012年、Resaltar Groupを立ち上げる。
2014年、KAMARQ HOLDINGS PTE.LTD.を立ち上げる2018年、Nicola Formichetti、PJ Mattanと共にKAMARQ HOLDINGS PTE.LTD.による旗艦ブランド「KAMARQ」を立ち上げる。

【Shun Watanabe – PROFILE】

[画像5: https://prtimes.jp/i/38722/1/resize/d38722-1-585857-6.jpg ]


2000 年より、VOGUE JAPAN のファッションチームアシスタントとしてキャリアをスタート。
2002 年、NY へ渡米。フリーランスアシスタントの経験をしたのち帰国。
2008 年のVOGUE HOMMES JAPAN 立ち上げから2012 年の休刊までNicola Formichetti 氏と共にファッションエディターとして携わる。
2016 年から2018年までNuméro Tokyo Contributing Fashion Editor も務め、2015年FREE MAGAZINE 創刊にFashion Editor として携わる。
現在、Fashion Directorとして国内外の雑誌、広告、ショーのスタイリングやブランドのコンサルティング等を手がける

【Lyle Reimer – Profile】

[画像6: https://prtimes.jp/i/38722/1/resize/d38722-1-582441-7.jpg ]


ファウンドオブジェやリサイクル資材を使って、自身のポートレートを創り出すミックスドメディアメイクアップアーティスト
メイクとアートを融合させた彼のスタイルはソーシャルメディアで多くの人気を集め、Vogue Italia,SURFACE,NY Timesといったメディアでも取り上げられている。
また、Gucci,Moschino,M.A.C Cosmetic、Viktor&Rolf,Pepsi 等多くのデザイナーやブランドとのコラボレーションも行っている。2019年3月、Rizzoli New Yorkより自伝を出版予定。

【Michael Bailey-Gates】

[画像7: https://prtimes.jp/i/38722/1/resize/d38722-1-366873-5.jpg ]



アメリカのロードアイランド州出身、現在NY/LAベースのアーティストスクールオブヴィジュアルアーツにて芸術写真を専攻、現在はMini Title所属

PR TIMES

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ