"AV出演で貧困脱出"はどこまで現実的か

10月26日(金)9時15分 プレジデント社

職業としてのAV女優・男優は、どのくらい稼げる仕事なのか――。※写真はイメージです(写真=iStock.com/fabioderby)

写真を拡大

貧困に苦しむ女性が、期間限定でアダルトビデオ(AV)に出演し、カネをためて貧困から脱却する。そんなシナリオは、現実にありえるのだろうか。自らも貧困家庭で育ったという翻訳家のタカ大丸氏が、AV業界の関係者に聞いたところ「女性より男性のほうに可能性があるかもしれない」という答えが返ってきた。どういうことか——。

※本稿は、タカ大丸『貧困脱出マニュアル』(飛鳥新社)の一部を再編集したものです。




職業としてのAV女優・男優は、どのくらい稼げる仕事なのか——。※写真はイメージです(写真=iStock.com/fabioderby)

■問題は「マインドセット」にあり


貧困から抜け出すために、「AV女優」という道を選ぶ人がいる。その選択は、はたして現実的なのだろうか。


マヌエル・エルナンデスはアルゼンチン人で、間もなく来日10年となる。奨学金を受け取り来日して専門学校で学び、テレビ制作会社を経てAV業界に入り、現在はフリーで制作ディレクターを務めている。もちろん日本語は何の問題もない。私は単刀直入に「貧困脱出の方法として、AV出演はどうなのか?」とマヌエルに聞いた。彼の表情が少し曇ったように見えた。


「難しいんじゃないかな」


私としては、ある意味予定や期待とは違う答えである。マヌエルは続けた。


「なぜかというと、言ってみれば簡単にお金が入ってきてしまうんですよ。18かそこらで人前でちょっとパコパコしたら、次の日かその次の日には取っ払いでお金をもらえるんです。誰でもそうですけど、簡単に入ったお金って簡単に遣ってしまうから残らないんですよね。結局、マインドセットの問題だと思う。入ってきたお金をどう残すのか、貯めるのか、活用するのか、貧しい人はそれを知らないことが多いんです。それを知っている人ならば、AVであれなんであれ貧しさを抜けられると思いますが、僕が見ている限りだと、抜けられない女の子のほうが多いです。ホストにつぎ込んでしまうからね」


しかも、と彼はさらにAV女優のマイナスの札を開けて見せた。


「賞味期限が短いんですよ。まあ2年かな。5年やっている人がいれば大ベテランですよ。それで彼氏のためにシャンパンタワーとか言って——あの子たちって、必ずホストのことを“彼氏”と呼ぶけど、本当の彼氏なんかひとりもいませんよ——大金を遣うことだけ覚えて、賞味期限が過ぎても無駄遣いだけは一流だから、むしろ借金が残っていたりします」


それでも、賢くやっている元AV女優は確かにいるのだという。


「現在のAV業界では、必ず月に1回性病検査を受けなければなりません。費用にして1万円少々ですが、これは出演者の自腹です。で、その一番大手の病院が新宿にあるのですが、そこにはものすごい数のAV男優・女優が来るので、非常に強い固定収入なんですよ。それに目をつけたある元AV女優が、とある医師と組んで、この性病検査を少し安い価格で受けられる病院を立ち上げようとしている事例はありますね」



■AV男優は「人手不足」、ただし高難度


むしろ、AV業界にはもっと人材不足で貧困脱出に向いているかもしれない業種があるのだという。「AV男優ですよ。絶対数が少ないもん。はっきり言って、AV女優は可愛かったら誰でもなれるんです。CGでも整形手術でも駆使すればどうにでもなります。でも、男優は監督の指示を理解して、実践して、絵を作らなければいけないので、ものすごく難しい専門職なんですよ」




タカ大丸(著)『貧困脱出マニュアル』(飛鳥新社)

実を言うと、私はAV男優の難しさを痛感したことがある。恥を忍んで告白するが、昔あまりに仕事も金もなくてAV男優に応募したことがあった。たまたま某大手AVプロダクションで募集をかけていて、履歴書を送ったことがあった。書類審査は通ったらしく、次の段階へ進んだのだが、そのとき突きつけられた課題が「勃起したペニスを写メで撮って送ってください」だった。


結論だけ言うと、その写真を送ることはなかった。いや、送れなかった。理由は簡単で、携帯の前で勃起させることができなかったからだ。自分自身の携帯の前で勃たせられないのに、多くのスタッフやビデオカメラがある前で勃起するはずがないではないか。当時人気絶頂だったAV女優と絡んでみたかったのだが、全然ダメだった。


「そりゃあね、家で明かりを暗くして好きなAV女優のビデオを見てというなら誰でもできるよ。でもね、知らない人が沢山いる前で照明でガンガン照らされて、女の子は全然タイプじゃないしアソコが臭かったりするんですよ。AV男優って頭よくないとできない、ものすごく難しい仕事ですよ」


■AV業界のピラミッド構造


そこで、マヌエルにAV男優・女優それぞれのピラミッドについて解説してもらった。まずは女優から。


「AV女優は3段階に分かれていますね。一番下が企画女優で、大人数で出演する無名の人たちですね。カバーに名前も載らない人です。1日で数千円から4万円くらいですね。その上が企画単体、通称キカタン。女性ひとりで出演するクラスで、ギャラは10万〜30万円くらいかな。一番上が単体女優。これは1本30万円を超えます。ただ、みんなが企画女優から少しずつ上がっていくという感じではなく、大切なのは素材です。可愛くてスタイルがいい娘は最初から単体なんですよ。ある意味で生まれつきで決まっている感じで、努力したから単体になれるというものでは全然ありません」



では男優のピラミッドはどうなっているのか。



「こちらは女優より数段複雑になっています。一番下がエキストラ。服も脱がないし、何もしない。お父さん役で説教したり、飲み屋で座っていたりで1日8000円とか。その上が汁男優といって、射精シーンを撮影します。1現場1万円かな。その上は2万男優、3万男優、4万男優、5万男優と上がっていきます。それぞれ、1現場あたりの手取り金額ですね。大ベテランだと最高7万円と聞いたことがありますね」


人気男優になると、1日で3つの現場をハシゴすることもあるという。「AV業界でも東京と大阪があって、大阪はよく知らないですけど、東京のAV男優で5万円もらえる人は30人いないですよ。3万男優でも20〜30人とか。1万人いるとも言われるAV女優より圧倒的に少ないですよ」


■なかなか難しい道だが……


今回貧困脱出のルートとしてAV業界について調査したが、結論として言えばあまりお勧めではない。何よりも、出演作品というブツが残ってしまうのが痛い。その後の人生を考えたときに、結婚のとき相手の親にどう説明するかや、子供が生まれた際にPTAへ行くときのことを考えると、間違いなくマイナスのほうが大きい。


だが、本当に追い詰められてどうしようもなくなり、単体女優になれる容姿が揃っていて、多少のお金が入ってきても無駄遣いしない場合のみ、考慮の余地はあるといえるだろう。また、AV男優に関しては絶対数が少ないので、むしろこちらのほうが可能性があるとはいえよう。


----------


タカ大丸(たか・だいまる)

翻訳家・著述家

英語同時通訳・スペイン語翻訳者。1979年福岡県生まれ岡山市育ち、最下層の貧困母子家庭にて少年時代を送る。高校卒業後、肉体労働で資金をため2000年1月に米国ニューヨーク州立大学ポツダム校に入学。卒業後は様々な職業を経験後、翻訳者として自ら発掘した海外書籍を刊行。訳書に『ジョコビッチの生まれ変わる食事』(三五館)などがある。

----------



(翻訳家・著述家 タカ 大丸 写真=iStock.com)

プレジデント社

「貧困」をもっと詳しく

「貧困」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ