国内唯一バイオ医薬品の研修を提供するBCRETと連携 バイオ医薬品に特化した技術者を育成する研修開始

2023年10月26日(木)16時17分 PR TIMES

〜 バイオ技術者のリスキリングで企業の人材確保へ貢献〜

総合人材サービスのパーソルグループで人材派遣・アウトソーシング事業を手掛けるパーソルテンプスタッフ株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 木村 和成、以下パーソルテンプスタッフ)は、日本で唯一のバイオ医薬品の研修を提供する一般社団法人バイオロジクス研究・トレーニングセンター(本部: 兵庫県神戸市、代表理事: 豊島 聰 氏、以下BCRET)と連携し、2023年8月よりバイオ医薬品に特化した技術者を育成する研修を開始しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/71141/211/resize/d71141-211-344b9fa06d8473ea3016-0.jpg ]

■背景:成長分野であるバイオ医薬業界を支えるバイオテクノロジー人材の育成が急務
近年バイオ産業/バイオ医薬品産業が急成長を遂げており、中でも特にバイオ医薬品市場は著しく成長しています。2021年2月に経済産業省が発表した報告書「バイオテクノロジーが拓く<第5次産業革命>」では、2019年から2026年のバイオ医薬品の年平均成長率を9.6%と見込んでいます。

さらに、バイオ医薬品市場の成長とともに、バイオ医薬品のCMO/CDMO*1の市場も成長しています。2019年時点の市場規模は5,000憶円で、今後10年間で年平均成長率8%程度の成長が見込まれます。また製造規模では、スイスや韓国などがグローバル大手CMOとして活躍していますが、日本企業の存在感はまだ小さく、今後の成長が期待されています。

2023年5月に経済産業省が発表した「バイオ政策の進展と今後の課題について」では、ワクチン開発・生産体制強化戦略としてワクチン製造拠点の整備と創薬ベンチャーの育成のため5年後の2027年までにはスタートアップ投資額を約10倍の10兆円の規模にすることが掲げられています。その目標を実現するためにはバイオテクノロジーを担う人材確保が急務となります。

*1 CMO(医薬品受託製造)、CDMO(医薬品受託開発製造企業)のこと

■概要:当社とBCRETとのオリジナルで開発した「バイオ医薬品技術者に特化した研修」を提供開始
人材不足を背景に、理系人材サービスを展開する当社と、国内で唯一のバイオ医薬品の研修を提供しているBCRETが2020年5月業務提携を結び、バイオ医薬品技術者に特化した研修を検討してきました。2022年にパイロット実施を経て、2023年8月より本格的に技術派遣社員向けに研修の提供を開始しました。

多くの人材会社の研修では細胞培養やHPLCの研修は個別の作業として準備されているのが一般的ですが、バイオ医薬品の培養、精製、分析にわたる生産プロセス全体の研修に乗り出した人材会社は、パーソルテンプスタッフが初めてとなります。

さらに、今回の研修では、(講義や実習を)実施するだけではなく、習熟達成度の評価を追加することにしました。当社の有するスキル認定制度の視点を生かし、研修で習得できたことを評価いたします。これにより研修をより効果的に進めることが可能となりました。どのような点を確認すれば人材の技能や知識を理解できるのか、また、どのように活用すべきかを含め、さまざまなニューモダリティなどの評価方法を今後もBCRETと確立していきます。

当社では、昨年より抗体医薬・遺伝子治療薬の研究開発・製造領域における人材育成に取り組んでいます。この分野での人材不足が顕在化している中で、バイオ技術者の能力可視化の取り組みと並行し、今回の研修は、医療業界の成長に必要な専門的かつ即戦力人材の確保と最適配置を目的とし、人材育成・新たな仕事や職場の創出などの検証を行います。

■一般社団法人バイオロジクス研究・トレーニングセンターBCRET 専務理事代行 内田和久氏のコメント
[画像2: https://prtimes.jp/i/71141/211/resize/d71141-211-71368a4de06d34e90778-1.jpg ]


バイオ医薬のプロセス開発や生産に関する実習研修の機関であるBCRETでは、研修参加者の技術レベルを確認できる指標を作ることで、より価値のある研修を提供できるようになると考えています。現在はバイオ医薬品の培養工程に限られていますが、パーソルテンプスタッフとの連携を進めていくことで、全てのプロセスでまたは新たなモダリティに関しても研修参加者に対する評価ができるようになれば、より価値の高い研修の提供につながると期待しています。現在どんな業務をしているかも大切ですが、これからどんな業務で活躍できるか、ということも視野に、多くの研修参加者に使っていただける指標をパーソル様と一緒に開発していきたいと思います。

<本件に関するお問い合わせ先>
パーソルテンプスタッフ株式会社
研究開発事業本部 研究開発特派事業部
TEL: 03-6730-3868
E-mail: pts-rdjinjikikaku@tempstaff.co.jp

パーソルテンプスタッフは、今後も人材の育成や提供を通じて、人材不足の解消にも繋げ、日本の研究開発発展と成長に貢献するとともに、研究開発分野における学びの機会を創出し、就業を希望する方々のキャリアアップを支援します。この取り組みを通じて、日本の高度バイオDX産業人材の育成とバイオものづくり産業の振興に貢献するとともに、SDGs「8.働きがいも経済成長も」「9.産業と技術革新の基盤をつくろう」にも繋がっていると考えています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/71141/211/resize/d71141-211-d8ae5c30c8b02c8fb543-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/71141/211/resize/d71141-211-9584fedec91ccdb2b4d8-3.jpg ]


■パーソルテンプスタッフ株式会社について< https://www.tempstaff.co.jp/ >
パーソルテンプスタッフ株式会社は、人材派遣、ビジネス プロセス アウトソーシング、官公庁受託事業などのサービスを提供しています。2017年7月より、テンプスタッフ株式会社からパーソルテンプスタッフ株式会社へ社名変更。パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、グループの総力をあげて、労働・雇用の課題解決を通じ、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

PR TIMES

「医薬品」をもっと詳しく

「医薬品」のニュース

「医薬品」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ