デルタ航空、成田—シアトル線でエアバス社の次世代航空機A330-900neo型機の運航を開始

10月28日(月)12時45分 PR TIMES

デルタ航空は、本日、成田-シアトル線にてエアバス社製の次世代航空機A330-900neo型機の運航を開始しました。米国航空会社で最初にA330-900neo型機を導入し、7月からシアトルー上海線、9月からシアトルー仁川線で運航しています。

A330-900neo型機は、次の4つの座席クラスを搭載しています。

デルタ・ワン スイート(29席)

受賞歴のあるデルタ・ワン スイートは、高さのあるスライド式ドアを各シートに設置することにより、お客様のプライバシーと快適性を高め、パーソナルなサービスを提供します。各スイートには、通路から直接アクセスができるフルフラットベッドシートと、私物が入れられる収納スペースと大画面の個人用モニター、形状記憶機能付きのクッションがシートに内蔵されています。お客様からのフィードバックをもとに、A330-900neoのデルタ・ワンスイートでは、ワークスペースと収納スペースを広くしました。


デルタ・プレミアムセレクト(28席)

快適さを重視して設計されたデルタ・プレミアムセレクトは、シートピッチ最大約96.5センチ、座席幅48.3センチ、リクライニング最大17.8センチとゆとりのある設計で、可動式のレッグレストとヘッドレスト、ペットボトルの収納スペースなど、よりパーソナルなスペースを提供します。ゆとりあるスペースと、デルタ・プレミアムセレクト専用のサービスやアメニティキットにより、到着までしっかりお休みいただけます。


デルタ・コンフォートプラス(56席)

メインキャビンの前方に設置されたデルタ・コンフォートプラスは、シートピッチ最大約86.3センチ、リクライニング最大12.7センチの設計で、専用の頭上荷物棚を備えています。


メインキャビン(168席)

メインキャビンは、シートピッチ最大約83.8センチ、リクライニング最大10.1センチで、形状記憶機能付きクッションを内蔵したシートなど、細かい配慮が施されています。

A330-900neo型機は、デルタ航空の子会社であるデルタ・フライト・プロダクツ (Delta Flight Products) が開発した、新しいワイヤレス機内エンターテイメントシステムを搭載した最初のワイドボディ機材となります。高速2Kuインターネット接続を装備し、iMessage、WhatsApp、Facebookメッセンジャーのテキストメッセージを無料で送受信することが出来ます。

全ての座席には、形状記憶機能つきクッションが内蔵され、ユニバーサル電源とUSBポート、飛行中の状態に合わせて照明が変わるLEDアンビエント照明、アクセスしやすく広々とした頭上の荷物棚、業界随一のコンテンツを誇る機内エンターテインメント「デルタ・スタジオ」を無料で楽しめる高解像度スクリーンを設置しています。

また、A330-900neo型機は最新のロールスロイス社製エンジン「トレント7000」を搭載し、前世代の航空機に比べて25%以上燃料消費率を改善しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/3358/378/resize/d3358-378-743217-0.jpg ]


[画像2: https://prtimes.jp/i/3358/378/resize/d3358-378-587192-1.jpg ]


[画像3: https://prtimes.jp/i/3358/378/resize/d3358-378-993334-2.jpg ]


[画像4: https://prtimes.jp/i/3358/378/resize/d3358-378-779853-3.jpg ]


デルタ航空について
デルタ航空(NYSE: DAL)は、米国に本社を置き、プロダクトとサービス、テクノロジー、運航の信頼性、顧客エクスペリエンスにおいて業界をリードするグローバル航空会社です。世界で8 万人超の従業員を擁し、顧客の旅行エクスペリエンスの向上と、株主への利益還元、および従業員に対し、数十億ドル規模の投資を続けています。投資、革新、拡張の継続的な推進により、デルタ航空は現在総収益で世界トップの航空会社となっています。

50カ国以上300都市以上のグローバルネットワークを有し、年間2億人近いお客様にご利用いただいています。
アトランタに本社を置き、1日の出発便数は5,000便以上、デルタ航空が創設メンバーである「スカイチーム」のパートナー航空会社を含めると、1日15,000便以上の出発便を運航しています。
エールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、ウェストジェット、アエロメヒコ航空、ゴル航空、大韓航空、中国東方航空、ヴァージン オーストラリア航空と、革新的な提携関係を構築しています。
アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、サンパウロ、メキシコシティ、ソウルおよび東京を、ハブ空港または主要マーケットの空港と位置づけています。
フォーチュン誌の「世界で最も賞賛される企業」航空業界部門で、9 年間で8 回1位に選ばれているほか、「世界で最も賞賛される企業トップ50社」にも入選。米ビジネストラベルニュース誌調査では史上初の8 年連続トップ。ファーストカンパニーによる「世界で最も革新的な企業」にも2年連続で選ばれています。
グラスドアなど複数の人事組織から、最も女性が働きやすい職場、最も軍人が働きやすい職場として毎年認定されています。エド・バスティアンCEOは、フォーチュン誌の2018年「世界で最も偉大なリーダー」に選出されました。
社会的責任(CSR)はデルタ航空のコアバリューとコア・コンピテンスの両方に関わると考え、従業員が住み、働き、フライトを運航している地域社会に対し、時間と人材と年間利益の1%を投資しています。
ダイバーシティとインクルージョンは、デルタ航空の企業文化の根幹であり、従業員、取引先、お客様への対応、世界中の路線計画など、すべてに反映されるべきと考えます。
詳細については、ホームページdelta.com、デルタニュースハブhttps://news.delta.com/、ツィッター @DeltaNewsHub Facebook.com/deltaをご覧ください。

PR TIMES

「シアトル」をもっと詳しく

「シアトル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ