世界44カ国を対象に起業家精神を徹底調査 なんと 日本の起業家精神は最下位レベル!

10月29日(月)16時0分 @Press

日本アムウェイ合同会社(本社:東京渋谷区宇田川町7-1、社長:ピーター・ストライダム)は、アムウェイ本社が世界44カ国、約5万人を対象に実施した「アムウェイ・グローバル起業家精神調査レポート」(Amway Global Entrepreneurship Report)の最新の結果を発表します。この度の調査では、日本人の起業家精神は世界44カ国中、42位という結果となりました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/169622/LL_img_169622_1.jpg
世界の起業家精神ランキング

これからの日本は、少子高齢化、AI技術革新、終身雇用制度の崩壊進行などによる社会の大きなシフトチェンジにより、人の働き方も大きく変わっていくことが予想されます。一つの企業に「就社」するという意識は希薄になっていき、副業・起業が当たり前のこととなる時代は、もうそこまで来ています。このような時代にしっかり備えるため、特にこれからの日本を担う若者は、「起業」という働き方の理解を深めていかなくてはなりません。

そこで今回、日本の状況を更に分析すべく、18〜29歳の男女計800名を対象に、若者の起業家精神における追加調査を実施いたしました。その結果、多くの若者は起業への関心が低い状態である反面、「自分が好きなことをしたい」という気持ちは強いことが判明しました。また起業経験がある若者は、人生の満足度がより高く、楽しく働いている状況である一方、起業経験のない若者は、人生の満足度が低く、楽しんで働いていないことが明らかになりました。
起業経験のない若者は、起業に対してネガティブなイメージが強い傾向があることが分かりました。しかし、若者の実態として起業経験者の内、54%は半年以内で準備を行い、58.5%は1年以内で軌道に乗り、80%の人が起業すると生活レベルや人生の満足度が高まると回答しています。

弊社では、この度の結果を踏まえ、起業は人生の満足度の向上に繋がる可能性がある働き方の1つとして世間での認知・理解を促進させ、若者の起業家精神の向上に貢献してまいります。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「起業」をもっと詳しく

「起業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ