【ハシナ・カービ来日決定】シェアード・リーダーシップという新しい戦略

10月30日(水)15時35分 PR TIMES

”国境を超えて蝕む人権侵害を、国境を越えるシェアード・リーダーシップが解決する”

17歳で取り組み始めた活動が、世界レベルの強制労働撤廃の解決モデルを生み出し、今尚歩みを進めるチェンジメーカー、ハシナ・カービ。インドから世界へ羽ばたく社会起業家、2019年12月ついに来日!

[画像1: https://prtimes.jp/i/50364/1/resize/d50364-1-820065-3.png ]



目に見える課題の緩和ではなく、課題を生み出している原因と構造そのものにアプローチし、これまでの世界にはなかった全く新しいソーシャルイノベーションによって問題解決に取り組む人々がいる。すでに、国レベル・世界レベルでインパクトを与える彼/彼女らのみを選出し、世界最大の社会起業家グローバルネットワークを築くASHOKA(アショカ)をご存知だろうか?


来たる2019年12月、ASHOKAから選出された社会起業家(=アショカ・フェロー)であるハシナ・カービの来日と講演会開催が決定した。

[画像2: https://prtimes.jp/i/50364/1/resize/d50364-1-725888-0.png ]



【ハシナの取り組み】
学生時代から取り組み続けていた強制労働撤廃活動によって、その現場となっていた炭鉱閉鎖まで持ち込み、さらに歩みを緩めず、政府・警察・メディア・市民団体、アカデミアを巻き込んだ、官民協働型の強制労働・人身売買撤廃モデルを生み出しました。彼女が生み出したImpulse Model(インパルス・モデル)は、独自開発したソフトウェアを用いて、インドのみならず、中国、ブータン、ミャンマー、タイ、バングラデシュでも導入。シェアード・リーダーシップを土台としたこの取り組みは、日本政府、米国国際開発庁、国連などからも支援を受け、活動を拡げています。若者チェンジメーカー、女性リーダー、そして社会起業家であるハシナから学ぶ機会を提供します。

*Shared Leadership(シェアード・リーダーシップ): 複数のリーダーシップが集結し、ひとつの大きな力となり、問題の解決を促す新しいリーダーシップの在り方


【ハシナからのメッセージ】

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=aVZwwtdpYoU ]



【イベント情報】
■学生向け講演会 
日時:12月1日(日)14:30〜16:30
会場:東京工業大学 大岡山キャンパス
言語:英語(日英スクリプト共有)
料金:無料
対象:学生
詳細・申込:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfEh5j0NS5X5N3PuPQ0WKmBTS4w68aQdI9egUpcX2WdVY9URQ/viewform

■第3回フェロー・イン・レジデンス
内容:社会起業家の歩みを追体験する8時間(講義+ワークショップ形式)
日時:12月2日(月)8:30開場 / 9:00〜17:00 / 18:00〜 ハシナを囲む夕食会
会場:恵比寿研修会館
言語:英語/日本語(同時通訳あり)
料金:¥100,000(昼食・夕食会費含む)
定員:24名(先着順)
チラシ:https://prtimes.jp/a/?f=d50364-20191030-3906.pdf
詳細&申込:https://docs.google.com/presentation/d/1u4KTQMHNiuy3lFc8tmvkKoZXCGLFAKd9XxyH9idAQxI/edit#slide=id.p

■第14回アショカ・ジャパン スピーカーシリーズ
内容:一般向け講演会
日時:12月3日(火)18:15開場 / 18:30〜20:00
会場:日本財団ビル
言語:英語/日本語(同時通訳あり)
料金:¥2,000(通訳機器貸出希望者のみ +¥650)
チラシ:https://prtimes.jp/a/?f=d50364-20191030-7595.pdf
詳細&申込:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdaiT8mWQYS3KFDL_-nIinMTDVu559pu8COxxYSmi6DFzhE9Q/viewform

■Women in Law Japanとアショカ・ジャパン共催スピーカーイベント
日時:12月4日(水)11:30開場 / 12:00〜13:30
会場:森・濱田松本法律事務所
言語:英語
料金:¥3,000(ランチケータリング料金として)
申込:contact@womeninlawjapan.org


各種イベントへの皆様のご参加をお待ちしております。

PR TIMES

「国境」をもっと詳しく

「国境」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ