2020年オープン東京国際クルーズターミナルの第1船目はロイヤル・カリビアン・インターナショナル社 新造船スペクトラム・オブ・ザ・シーズに決定

10月31日(水)14時40分 PR TIMES

グローバルに展開するクルーズ会社ロイヤル・カリビアン・インターナショナルの新造船スペクトラム・オブ・ザ・シーズが、世界が注目する東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の年にオープンする「東京国際クルーズターミナル」の記念すべき初入港、第1船目になることが決まった。スペクトラム・オブ・ザ・シーズの輝かしい初入港は、開業日2020年7月14日になる予定。

新造船スペクトラム・オブ・ザ・シーズはアジア最大客船に
東京国際クルーズターミナル第1船目に決まったクルーズ客船、スペクトラム・オブ・ザ・シーズは、2019年4月に就航予定で、デビュー後は東南アジアに配船されることが決まっている。総トン数は168,666トン、乗客定員4,246名(1室2名利用)、全長347メートルになり、現在アジア最大の姉妹船クァンタム・オブ・ザ・シーズおよびオベーション・オブ・ザ・シーズの規模を上回ることになる。スペクトラムには、姉妹船を象徴する最新の船内設備に加えて、新たにアクティビティや施設など搭載され、姉妹船を更に進化させた最先端客船になる予定だ。
[画像1: https://prtimes.jp/i/26704/14/resize/d26704-14-346812-8.jpg ]

      上空からのスペクトラム・オブ・ザ・シーズ(完成予想図)

ロイヤル・カリビアン・インターナショナル日本総代理店 株式会社ミキ・ツーリスト クルーズカンパニーのカンパニー長 百武達也氏は「国際観光都市東京の玄関口となる東京国際クルーズターミナルにスペクトラム・オブ・ザ・シーズを第1船として迎えていただいたことを大変光栄に思う。クルーズ客船は2026年までに新たに全世界で100隻以上が造船されることが予定されており、旅行者が世界中のクルーズ旅行を楽しんでいる。都民の皆様にもクルーズ客船に親しんでいただき、ロイヤル・カリビアン・インターナショナルの客船で世界中へ冒険の旅に出ていただきたい。」と述べた。

規格外の感動体験!最先端客船 スペクトラム・オブ・ザ・シーズとは
世界中の最先端技術を集め、ありとあらゆる楽しさを実現させた客船『スペクトラム・オブ・ザ・シーズ』。最新技術の映像を駆使したエンターテイメント、空中遊覧カプセルに船上サーフィン、スカイダイビングまで、今までの客船の概念をくつがえすロイヤル・カリビアンならではのユニークなアイディアが満載な客船だ。


■ノーススター
ギネスにも認定された海上90mの景色が楽しめる展望カプセル「ノーススター」。アームの先に取り付けられたカプセルが自由自在に旋回。360度見渡す空中遊覧を楽しめる。

[画像2: https://prtimes.jp/i/26704/14/resize/d26704-14-338646-1.jpg ]


■アイフライ
船尾に位置する「アイフライ」。航跡を見ながら、世界に数か所しかない「スカイダイビング・シュミレーター」を洋上で体験できる。
[画像3: https://prtimes.jp/i/26704/14/resize/d26704-14-856485-2.jpg ]


■フローライダー
ロイヤル・カリビアン・インターナショナルで人気のアトラクション、ウォータースライダー。長さ40フィート(約12m)の船上サーフィンに挑戦できる。
[画像4: https://prtimes.jp/i/26704/14/resize/d26704-14-407752-3.jpg ]


■スカイパッド
VR(バーチャルリアリティ)とバンジートランポリンを組み合わせたアクティビティ「スカイパッド」が登場。バーチャルリアリティ用ヘッドセットを一度装着すると瞬くままに別世界へ。月のクレーターの上を跳ねたり、銀河でのゲームなど冒険は尽きない。また、ヘッドセット無しで大海原を眺めながら空に向かってジャンプしながら遊ぶこともできる。
[画像5: https://prtimes.jp/i/26704/14/resize/d26704-14-581774-6.png ]


■スイート客室専用の豪華プライベートスペース
船首部分にはロイヤル・カリビアン初となるスイート客室専用のプライベートスペースが誕生。スイートを予約すると、専用カードキーにて、プライベートエレベーターでアクセス可能。ゆっくり寛ける屋外スペース、専用レストランとラウンジを利用できる。
また、上質な時間をご家族みんなで過ごせるように、広さ105.3 平方メートル +19.6 平方メートル のロフト付きで11 名まで滞在可能な客室、「アルティメットファミリースイート」をご用意。3 つの寝室を備えており、バスルーム隣接の主寝室のほか、小さなお子様からお年寄りまで3 世代それぞれが快適に過ごせるようになっている。
[画像6: https://prtimes.jp/i/26704/14/resize/d26704-14-508842-9.jpg ]


■多様なダイニング
スペクトラム・オブ・ザ・シーズでは、世界中のお料理を多様なレストランで楽しめる。
3階建ての荘厳なレストラン「メインダイニング」ではアラカルトで国際色豊かなお料理の数々を堪能できる。スペシャリティレストランも充実しており、世界的にも有名なセレブリティシェフ ジェイミー・オリバーが手掛ける「ジェイミーズイタリアン」、日本料理「イズミ」に加え、本場の四川料理を味わえる「シーチュアンレッド」などが新設される予定だ。
[画像7: https://prtimes.jp/i/26704/14/resize/d26704-14-173745-7.png ]

■次世代のエンターテイメント体験

[画像8: https://prtimes.jp/i/26704/14/resize/d26704-14-145106-4.jpg ]

     右上:ロボットバーテンダー「バイオニックバー」、右下:カラオケ「スターモーメント」、
     左下:「シープレックス」、左上:「トゥセブンティ」でのショー

最先端なのはアクティビティだけではない。最新の映像技術を駆使した幻想的なデジタルショーから、伝統的なミュージカルレビューまで、多彩なプログラムを上映。ロボットバーテンダーがカクテルを作る「バイオニックバー」、洋上最大のエンターテイメント体育館「シープレックス」、船尾から270°のパノラマを堪能できるハイテクラウンジ「トゥセブンティ」など若い世代にはワクワクと興奮が止まらない。


日本人に人気のシンガポールからのクルーズは下記の通り。


2019年5月18日出航 シンガポール発着 マレーシアショートクルーズ3泊4日

寄港地:クアラルンプール(ポートクラン)


2019年5月21日出航 シンガポール発着 マレーシアショートクルーズ4泊5日

寄港地:ペナン島


2019年5月25日出航 シンガポール発上海着 ベトナム・香港片道クルーズ9泊10日

寄港地:ホーチミン、ニャチャン、香港(停泊)

その他、スペクトラム・オブ・ザ・シーズで行くクルーズの詳細はロイヤル・カリビアン・インターナショナル公式日本語ホームページから検索することができる。
■ロイヤル・カリビアン・インターナショナル公式日本語ホームページ
https://www.royalcaribbean.jp

新たな首都の玄関口、 東京国際クルーズターミナル
東京都は、国際観光都市東京に相応しい新たな首都の玄関口として、世界中からより多くのお客様をお迎えできるように、臨海副都⼼に世界最大級のクルーズ客船に対応可能な「東京国際クルーズターミナル
(Tokyo International Cruise Terminal)」の整備を進めている。
[画像9: https://prtimes.jp/i/26704/14/resize/d26704-14-675502-0.jpg ]

【施設概要】
開業日:2020年7月14日
岸壁延長:430m, 水深:-11.5m,ターミナルビル:1棟(4階建て)

■東京国際クルーズターミナル
http://www.tokyo-international-cruise-terminal.jp/

PR TIMES

「造船」をもっと詳しく

「造船」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ