カプセルホテル「ナインアワーズ新宿三丁目(仮称)」開発への取組みについて

10月31日(木)12時35分 PR TIMES

昭和リース株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:瀬戸 紳一郎、以下「昭和リース」)は、株式会社ナインアワーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役ファウンダー:油井 啓祐/ 代表取締役CEO:松井 隆浩、以下「ナインアワーズ」)が東京都新宿区に新規に出店するカプセルホテル「ナインアワーズ新宿三丁目」(仮称)に対して、2019 年9 月26 日付で匿名組合出資を実施しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/23703/23/resize/d23703-23-596690-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/23703/23/resize/d23703-23-511369-2.jpg ]



本件は、2017 年7 月に両社が締結したファイナンス支援に関する業務提携契約に基づき、ナインアワーズ新宿三丁目を取得する目的で設立した合同会社に対し、ナインアワーズと昭和リースが出資した「ナインアワーズプロパティファンド合同会社」が匿名組合出資をしたもので、5件目の開発型案件となります。

貸付人として有力地方銀行グループであるトモニホールディングス株式会社の株式会社香川銀行(本店:香川県高松市、取締役頭取:本田 典孝)及び株式会社大正銀行(本店:大阪府大阪市、取締役頭取:吉田 雅昭)が参加し、アセットマネジメント業務は不動産仲介大手、三幸エステート株式会社のグループ会社である三幸オフィスマネジメント株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:御代 元、担当部署:投資顧問部)が担います。ナインアワーズ新宿三丁目の開業は2021 年内を予定しています。

ナインアワーズは、今後も本スキームを活用した出店を行っていきます。昭和リースは、安定的な資金供給を通じて、トランジットサービスという新しい滞在価値の提供を目指して、新しいタイプのカプセルホテルを展開するナインアワーズの新規出店を継続して支援してまいります。

【参考】
2017 年7 月28 日付ニュースリリース 昭和リースとナインアワーズの業務提携について
https://www.s-l.co.jp/images/uploads/170728_9h_ol.pdf

【プロジェクトの概要】

対象施設:ナインアワーズ新宿三丁目(仮称)
所在地:東京都新宿区新宿2 丁目13 ‐7
出資日:2019 年9 月26 日
貸付人:株式会社香川銀行・株式会社大正銀行
アセットマネジメント業務:三幸オフィスマネジメント株式会社
運営会社:株式会社ナインアワーズ
建築計画:延床面積 約717平方メートル /構造・室数 鉄骨造地上9 階、地下1 階、121 ユニット(予定)
開業予定:2021 年内予定

※現時点の計画であり、今後変更となる可能性がございます


[画像3: https://prtimes.jp/i/23703/23/resize/d23703-23-200038-1.jpg ]

https://prtimes.jp/a/?f=d23703-20191031-6696.pdf

PR TIMES

「カプセルホテル」をもっと詳しく

「カプセルホテル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ