【創業50 周年記念モデル】第一弾 シリーズ最大 65V 型「FUNAI Fire TV 搭載スマートテレビ」発表

2023年10月31日(火)17時16分 PR TIMES

[画像1: https://prtimes.jp/i/82557/513/resize/d82557-513-a8e6886eb25078adea55-2.png ]

株式会社ヤマダホールディングス(本社:群馬県高崎市、代表取締役会長 兼 社長 CEO: 山田 昇、以下、ヤマダホールディングス)は、1973年に群馬県前橋市で電気店「ヤマダ電化サービス」として創業、家電や住まいに関する商品等の販売を軸に販路を広げ、おかげさまで2023年に50周年を迎えました。50年間のご愛顧に感謝を込めて、より快適で便利な生活空間をご提案する様々な商品を “創業50周年記念モデル” として順次販売いたします。
記念モデル第一弾となる、シリーズ最大サイズの65V型「FUNAI Fire TV 搭載スマートテレビ」*1 は、ヤマダホールディングスとAmazon 両社の全面的な協力に基づき開発し、船井電機が製造、ヤマダホールディングスグループが販売します。

■シリーズ最大65V 型「FUNAI Fire TV 搭載スマートテレビ」*1
Amazonが展開するストリーミングメディアプレーヤーFire TV を搭載し、地上波・BS ・CS ・4Kの視聴だけでなくストリーミング動画の視聴も可能*2 なことに加えて、ホーム画面からお客様のお好みに応じたコンテンツを直感的に選び、視聴することができる本製品に新しくシリーズ最大の65V型を追加することで、お客様にはより迫力のあるエンターテイメント体験を快適にお楽しみいただけます。尚、新65V型のFire TV 搭載スマートテレビは、ヤマダホールディングス創業50周年記念モデルの一つとして、Amazon.co.jp 上のヤマダデンキ(https://www.amazon.co.jp/firetvfunai/ )、全国のヤマダホールディングスグループ店舗、ヤマダウェブコムにて、11月3日(金)より順次販売、および出荷開始を予定します。

■Fire TV 搭載スマートテレビに大容量ウーファー搭載の65V型が登場
さらに大きな画面でお気に入りのコンテンツを楽しんでいただくため、新たなデザインとウーファーを搭載したF460シリーズとして65V型FireTV 搭載スマートテレビをご提供します。画面まわりのフレームを目立たなくすることで画面に集中できるスリムなデザインの65V型は、大画面で迫力のある映像だけでなく、テレビ背面に搭載した大容量ウーファーが力強い低音を再現します。バスレフスピーカーとの相乗効果により、臨場感のある音響をお楽しみください。各種映像機器や録画用ハードディスクを接続するための端子(HDMI端子 4 ポート、USB端子、光デジタル音声出力端子)、LAN端子や、デュアルバンド、デュアルアンテナ、5GHz 対応のWi-Fi 機能を備えています。価格*3 は以下の通りです。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/82557/table/513_1_dc57f91e3c965c810d145f42ed446132.jpg ]


《 出荷開始時期について 》
65V型Fire TV 搭載スマートテレビは、11 月3 日(金)よりAmazon.co.jp 上のヤマダデンキ(https://www.amazon.co.jp/firetvfunai/ )、全国のヤマダホールディングスグループ店舗、ヤマダウェブコムで販売・出荷開始を予定しています。

FUNAI Fire TV 搭載スマートテレビについて
FUNAI Fire TV 搭載スマートテレビとは地上波、BS/CS 、4K の各種放送、リアルタイム配信の番組、ニュース、スポーツ中継に加えて、Fire TV の機能を通じてPrime Video 、YouTube 、Netflix 、Hulu 、TVer 、ディズニープラス、ABEMA 、DAZN など、豊富なストリーミングサービスによる60万以上*4 の映画作品やテレビ番組のエピソードをお楽しみいただける*2 スマートテレビです*5 。また別途、外付けハードディスクを用いれば地上波、BS/CS 放送、そして4K 放送番組を録画して、視聴することも可能です*6 。さらにAmazon Music などの音楽配信サービスを含む、様々なアプリもご用意しています*2 。また、リモコン上のAlexa ボタンを押して話しかければ、コンテンツをタイトル名やジャンル名、お気に入りの俳優の名前で検索したり、動画の操作、アプリの起動、音楽再生、HDMI 入力の切り替えを音声で簡単に操作することが可能です。さらに、Alexa スキルを使って生活に便利な様々なサービスを利用できるほか、Alexa に接続されたカメラや照明などのスマートホーム製品の表示・操作や*7 、対応するEcho シリーズ端末とペアリングすることで、Alexa に話しかけてハンズフリーでテレビを操作することもできます。
*1 当該スマートテレビはAmazon 又はその関連会社がデザイン、設計及び製造したものではありません。
*2 各コンテンツやサービスをご利用いただく際は、別途登録・契約や料金が必要な場合があります。
*3 情報提供 ヤマダホールディングス 販売価格は、ヤマダホールディングスにより決定されます。
*4 コンテンツ数は2023年9月1日時点のものです。
*5 Fire TV 機能の利用には、Amazon アカウントが必要です。
*6 録画の対象は地上波、BS/CS および4K 放送のみです。
  コンテンツ配信サービスが提供するコンテンツの録画はできません。
*7 別売りのAlexa 対応デバイスが必要です。

FUNAIは船井電機株式会社の登録商標です。

■ヤマダホールディングスについて
ヤマダホールディングスは、全国に広がる都市型・郊外型・小商圏店舗など、多様な店舗ネットワークや商圏規模に合わせてコンセプトの異なる家電量販店ネットワークを展開し、地域に根差した社会インフラとして 家電、家具・インテリアなどの販売事業のほか、オンラインサービスを通じて、皆様の暮らしをまるごと支える事業を展開しています。また、実店舗の強みを活かしたネット販売やテレビショッピング、リユース・リサイクル商品やSPA(オリジナル商品の製造販売)商品の販売にも力を入れています。主力の家電販売事業をはじめ、住建・金融・環境・その他のセグメント各グループ会社が、それぞれのフィールドでお客様の「暮らしまるごと」をサポートしています。

■FUNAI Fire TV 搭載スマートテレビ 技術仕様
[画像2: https://prtimes.jp/i/82557/513/resize/d82557-513-e6ef0e53c86c6b493baf-3.png ]

※1 1 つは視聴専用、残りは録画専用のチューナーとなります。
※2 BS4K ・110 度CS4K 放送の番組は早見再生に対応しておりません。
※3 HDMI 入力1 のみ対応
※4 省エネ法[2026 年基準 に基づいて、一般家庭での1 日の平均視聴時間(5.1時間)を基準に算出した、一年間に消費する電力量です。

PR TIMES

「モデル」をもっと詳しく

「モデル」のニュース

「モデル」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ