楽天銀行、ネット銀行ではじめて800万口座突破

11月1日(金)8時0分 MONEYzine

 楽天銀行の口座数が10月31日に800万を突破。同行としては最短期間での100万口座増加となった。


 楽天銀行は2019年10月30日に、インターネット銀行としてはじめて口座数が800万口座を突破したと発表した。この数字は2019年10月31日時点で、解約済み口座数を除いたもの。同行は2001年7月の開業以来、順調に口座数を伸ばしてきたが、今回は最短期間での100万口座増加となった。


 近年では、楽天グループ内での連携を高め、楽天市場での買い物がポイントアップするSPU(スーパーポイントアッププログラム)への参加や、「ビジネスサポートプログラム」などの法人向けサービスも拡充。また、「キャッシュレス・消費者還元事業」にキャッシュレス決済事業者として参画するなどの施策も功を奏し、700万口座達成から約10か月での800万口座を達成した。


MONEYzine編集部[著]


【関連記事】

楽天銀行アプリ、ダウンロード数500万件を突破

インターネットバンキング利用率1位は「楽天銀行」

楽天グループ、台湾でもオンライン銀行サービス提供へ

MONEYzine

「楽天」をもっと詳しく

「楽天」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ