東京地区でグループの新拠点を開設

11月1日(金)17時35分 PR TIMES

豊洲オフィスと西新宿オフィスの2つの基幹オフィスへの集約でグループの事業シナジーを強化

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、グループの事業シナジーの強化、働き方改革の推進およびグループ間コミュニケーションの促進を目的に、東京地区におけるグループのオフィスを移転・集約し、東京都江東区豊洲に建設中の「(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2‐1街区 AC棟計画」に新拠点を開設することを発表します。

新拠点のオープンは、2021年度を予定しています。豊洲の新オフィスには、TISおよびグループの主要会社である株式会社インテックの事業機能を、現在の西新宿オフィスにはTISとインテックの本社機能を集約します。

東京地区のグループ会社を豊洲オフィスと西新宿オフィスに集約し、2つの基幹オフィスのもと、グループ間のコミュニケーション促進を図り、事業におけるグループの一体感の強化と中期経営計画の目標である構造転換を加速させるとともに、グループガバナンスの強化を図ります。

<豊洲の新オフィスの外観イメージ>

[画像: https://prtimes.jp/i/11650/695/resize/d11650-695-599222-0.png ]


■豊洲の新オフィスについて
豊洲の新オフィスは、新しい未来を築く場所として、TISインテックグループの基本理念「OUR PHILOSOPHY」のミッションで掲げる「デジタル技術を駆使したムーバーとして鮮やかな彩りを」つけるために、社員一人一人が主役となれる環境を整備します。
具体的には、以下のコンセプトを実現すべく、現在検討をすすめています。

ABW※やレストラン・カフェの導入など、新しい働き方をリードする
オフィスコンシェルジュを導入し、社員が業務に集中できる
顔認証やQRコードを利用した受付システムや位置情報システムなど先端技術を駆使する
グループの先進技術などを体験できるショーケース機能を有する
社内外の有識者とのオープンイノベーションによるビジネス創造ができる

※Activity Based Workingの略。「時間」と「場所」を自由に選択できる働き方。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。


TIS株式会社について
TISインテックグループの TIS は、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で 3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスをご提供します。

PR TIMES

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ