ツクルバ新経営体制、最高人事責任者「CHRO」創設。社外取締役にはアトラエ鈴木秀和氏、LayerX福島良典氏

11月1日(金)10時35分 PR TIMES

株式会社ツクルバは、11月1日、新経営体制を発表いたしました。10月25日の株主総会にて社外取締役に株式会社アトラエ取締役CFOの鈴木秀和氏、株式会社LayerX代表取締役CEOの福島良典氏が就任。また、本日2019年11月1日より、執行役員制度を導入。CHRO(Chief Human Resources Officer:最高人事責任者)を新設し、People&Community部長の藤田大洋が就任しました。カウカモ・エージェントサービス部長の春田亮一も執行役員に就任しました。
当社は、企業理念の実現及び事業成長を図るため、監督と執行の分離を強化する観点から、執行役員制度を導入いたしました。また、人事・組織・採用の重要性を強く感じ、「CHRO」職導入に至りました。新体制のもと、企業理念の実現とさらなる成長を目指して邁進してまいります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/43247/16/resize/d43247-16-685414-0.jpg ]




新経営体制の背景と内容

株式会社ツクルバは2019年10月25日に第8期定時株主総会を開催し、コーポレートファイナンス、IR及び経営全般に対する監督・助言機能のさらなる強化、並びにテクノロジーを生かした事業の発展をさらに推し進めていくため、社外取締役に株式会社アトラエ取締役CFOの鈴木秀和氏、株式会社LayerX代表取締役CEOの福島良典氏が就任しました。

また、本日2019年11月1日より、CHRO(Chief Human Resources Officer:最高人事責任者)職を新設し、現People&Community部長の藤田大洋が執行役員CHROへ就任。さらなる事業成長に向けて、経営機能における人事組織機能の強化を図る方針です。

さらに、当社のメイン事業であるcowcamo(カウカモ)の躍進に向けて、現カウカモ・エージェントサービス部長の春田亮一が執行役員に就任しました。執行役員制度導入を通じて、監督と執行の分離を図ります。


執行役員「CHRO( Chief Human Resources Officer:最高人事責任者)」創設についての背景と詳細

CHRO(Chief Human Resources Officer)という役割は、企業における経営幹部の一員で、人事の統括責任者です。経営陣として経営に積極的に関わる権限がある役職で、欧米を中心に近年注目が集まっており、国内でも導入する企業が増えています。

一般的な人事部長は、人事管理業務を中心として企業価値の成長を目指す役割を担っていますが、CHROは、これに加え、経営に対する理解や経営と人的資源のバランスを保つ役割をも担うことになります。

当社はさらなる成長を図るため、人材確保と社内組織・体制づくりが急務と考え、経営課題として、持続的成長が可能なHR体制構築に取り組む覚悟で、今回のCHRO職導入に至りました。

<新経営体制について、代表取締役CEO村上浩輝からのコメント>
今回社外取締役に就任していただいた鈴木秀和氏は、投資事業において豊富な経験とネットワークを有しており、ツクルバのコーポレートファイナンス及びIR強化において、お力添えいただけると期待しております。

同じく社外取締役に就任していただいた福島良典氏は、先端テクノロジーとビジネス成長において、豊富な実績と経験を有しており、テクノロジーとビジネス分野でのさらなる成長を目指すツクルバにおいて、お力添えいただけると期待しております。

執行役員制度は、監督と執行の分離を実現し、社内執行体制の強化を図る観点から今回導入しました。また、CHRO職は、成長において不可欠な人事組織分野において経営として重点的に取り組み、成長に不可欠な人材確保と社内体制づくりを強化する目的での導入となります。

既存の経営メンバーに加え、これらの新経営体制のもと、さらなる企業価値の向上と事業成長を図って行きたいと考えております。


新任社外取締役及び執行役員の紹介

▼社外取締役 鈴木秀和氏

[画像2: https://prtimes.jp/i/43247/16/resize/d43247-16-484027-1.jpg ]


2005年大和証券SMBC投資銀行本部(現:大和証券)入社。以後一貫して13年間、投資銀行部門で数多くの企業のIPOを含む資金調達やバリュエーション、内部管理体制の構築を含む東証審査対応のアドバイザリー業務に従事。 日本初ユニコーンのグローバルIPO 等を主幹事証券のディールヘッドとして実現。2018年12月に株式会社アトラエ取締役CFOに就任し、財務戦略、経営企画、IR、M&A等を担当。2019年10月株式会社ツクルバ社外取締役就任。

▼社外取締役 福島良典氏

[画像3: https://prtimes.jp/i/43247/16/resize/d43247-16-631737-3.jpg ]


東京大学大学院工学系研究科修了。大学時代の専攻はコンピュータサイエンス、機械学習。 2012年大学院在学中に株式会社Gunosyを創業、代表取締役に就任し、創業よりおよそ2年半で東証マザーズに上場。後に東証一部に市場変更。 2018年にLayerXの代表取締役社長に就任。 2012年度IPA未踏スーパークリエータ認定。2016年Forbes Asiaよりアジアを代表する「30歳未満」に選出。2017年言語処理学会で論文賞受賞(共著)。2019年6月、日本ブロックチェーン協会(JBA)理事に就任。2019年10月株式会社ツクルバ社外取締役就任。

▼執行役員 CHRO 藤田大洋

[画像4: https://prtimes.jp/i/43247/16/resize/d43247-16-791864-2.jpg ]


立教大学社会学部産業関係学科(現:経営学部)卒業。2012年グロービス経営大学院大学経営研究科経営専攻修了(研究テーマ:変革のリーダーシップ)。新卒で株式会社アイルに入社し、人事採用チームの立ち上げ、マネージャーとしてIPOを経験。その後、2009年に株式会社アシストに参画。経営企画室マネージャーとして創業社長引退に伴う全社経営・組織変革プロジェクトを主導した後、2017年より株式会社ツクルバに参画。人事総務部長を経て2019年11月執行役員CHRO兼People&Community部長に就任。

▼執行役員 春田亮一

[画像5: https://prtimes.jp/i/43247/16/resize/d43247-16-122717-4.jpg ]


東京都立大学(現:首都大学東京)大学院工学研究科建築学専攻修了・一級建築士。2006年株式会社リクルートコスモス(現:コスモスイニシア)入社し、建築部門にて再開発プロジェクトを担当。その後、リテール仲介部門にて仲介営業、再販事業の立上げ、仕入れ〜商品化〜販売に従事。2016年ツクルバに参画し、カウカモ事業部長を経て、2019年11月執行役員カウカモ・エージェントサービス部長に就任。

■現在の取締役・監査役紹介
株主総会後の取締役・監査役は以下のとおりです。
[画像6: https://prtimes.jp/i/43247/16/resize/d43247-16-129308-9.png ]


【株式会社ツクルバとは】

[画像7: https://prtimes.jp/i/43247/16/resize/d43247-16-952560-5.png ]


「『場の発明』を通じて欲しい未来をつくる」というミッションのもと、デザイン・ビジネス・テクノロジーをかけあわせた場のデザインを行っています。主な事業として、ITを活用したリノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」事業、あらゆるチャレンジを応援する、シェアードワークプレイス「co-ba(コーバ)」などのシェアードワークプレイス事業を展開。
2011年8月に代表取締役CEO村上・代表取締役CCO中村の2名で創業、同年12月にco-ba事業を開始。その後、2015年にcowcamoの公開により急成長を遂げ、2019年7月31日に東京証券取引所マザーズに上場いたしました。
URL:https://tsukuruba.com/
設立:2011年8月
所在地:東京都目黒区上目黒1丁目1−5 第二育良ビル2F
代表者:代表取締役CEO 村上浩輝 / 代表取締役CCO 中村真広

PR TIMES

「取締役」をもっと詳しく

「取締役」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ