合格率1.6%の超難関資格試験!BLソムリエ第一期生9名が爆誕!

11月1日(金)19時35分 PR TIMES

BL選びに強力な助っ人あらわる!

BLと一口に言っても人の好みは千差万別。人気BLだけど自分の趣味とちがっていた、自分の感を頼りに表紙買いしたけど失敗ばかり…なんてことはよくあります。実はBL選びはとてもむずかしい!
知識力が豊富で、かつ自分の趣味をわかってくれる友がそばにいれば、もっと自分が読みたい作品に出会えるのに…。
そこで株式会社サンディアスが運営するサイト・ちるちるは、BLを求めるユーザーの趣向を掴み、的確な作品をオススメできる推薦者(BLソムリエ)が必要であると考えました。
ちるちるサイト上で、BLソムリエ検定試験を実施しBLのオススメ力を客観的に測定。そして2019年11月1日、BLソムリエ9名が誕生しました!
総受験者数550名、倍率1.6の超難関試験を突破したBLソムリエたちは今後、電子ストアや実店舗の連動企画にて活躍していただくことになります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/22111/14/resize/d22111-14-183949-2.jpg ]

株式会社サンディアス(代表取締役 井出洋)が運営する、BL情報サイトちるちるで、BLソムリエ試験第一期生合格者が発表になりました。
試験は9月から10月にかけれ実施され、550名のユーザーが参加しました。試験大学センター試験方式の筆記試験とモニターに作品をオススメする実技試験、という二段階の内容です。筆記試験に合格した54名の受験がネット上で実際に作品のオススメをモニターに行い、感想をフィードバックしてもらい、筆記、実技試験の合計点数が高い9名の受験者が晴れてBLソムリエ資格者となりました。
BLソムリエ資格者は今後、ちるちるの主催するネットイベント、リアルイベント、電子ストアさまなどの連動企画にて活躍していただくことになります。今後は国内のみならず、海外へのBL普及のため、積極的な活躍が期待されます。

BLソムリエ合格者には、副賞としてアマゾンギフト券10000円分を贈呈。
またBLアワード2020投票ポイントは一般ユーザーの5倍となります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/22111/14/resize/d22111-14-235953-1.jpg ]



今回のBLソムリエ試験の合格率はなんと1.6%という高倍率でした。
かつての中国の科挙制度は合格率3%といわれます。


今回のBLソムリエ試験も、古今東西から集まったBL猛者たちがしのぎを削る展開となり、科挙試験を凌ぐ超難関の高倍率となりました。


筆記試験
筆記試験では、マイナー品の出題は控え、誰もがタイトル名を知っている作品を中心に問題が作成されました。ただ人気作品とはいえ、内容に一歩踏み込んだ問題であるため、作品のストーリー、キャラクターに精通している方でないと解けない内容だったと思います。

筆記試験の回答と問題
https://www.chil-chil.net/compNewsDetail/k/blnews/no/21885/

BLをたくさん読まれている方でも、気が付かないうちに自分の好みのジャンルに偏っていきますので、ほぼ毎日BLを読書されている方でも正解することは非常に難しかったのではないでしょうか。


実技試験
実技試験においては、ただタイトルをオススメするだけではなく、自分のオススメを実際にモニターに読んでもらえる工夫が求められました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/22111/14/resize/d22111-14-266406-0.jpg ]


そのためコメントで、興味を引くようなプレゼンテーションをしなければなりません。
またモニターがすでに読んでいる作品は評価の対象外、というルールも受検者には高度な推測力を求められるものでした。
ちょっと気になるタイトルだったけど、手に取る機会がなくこれまで読まないでいた作品…この微妙なラインをオススメすると手にとってもらえる確率がかなり高くなります。自分の好きな作品をオススメするのではなく、相手のわずかなプロフィールの手かがりをもとに推薦する思考が求められるのです。

BLソムリエ合格者は、知識力、推測力、プレゼン力すべての能力がすべて優れており、そのどれか一つが欠けることがわずかでも許されない修験の場を切り抜けて来たわけです。


BLソムリエに試される能力
1.直近10年間に出版された商業作品のBL知識力
2.少ない手がかりから相手の求める作品を探す推測力
3.オススメした作品を読む気にさせるプレゼンテーション力

BLソムリエの資格者はぜひこれから胸を張ってBL普及を推進していただきたいと思います。


筆記試験
実施日 2019年9月29日 WEB上
参加人数550名
最高点 96点
平均点 59.47点

筆記試験概要
筆記試験ではここ10年以内に発売された人気作品を広く深く理解しているかの知識力を問われます。
問題文を読み、4問の設問から、正しい内容を記述した設問を選ぶセンター試験形式。高得点の受検者の約10%が実技試験に進みました。


実技試験
実施日 2019年10月12日〜13日 WEB上
参加人数54名 モニター255名
最高点65点
平均点27.9点
受検者への平均フィードバックモニター数6,3人

実技試験概要
実技試験には筆記試験で高得点を獲得した受検者が進むことができます。ちるちるで募集したモニターに受検者が実際に作品をオススメして読んでもらいます。モニターからのフィードバックの点数によって実技試験の点数が決まります。

BLソムリエ受検者1人につきモニター10人にBLをオススメ。(各モニターに2作ずつ)

モニターには、BLソムリエ受検者2〜3人からオススメ作品が送られてくる。(最高6冊)

モニターは、BLソムリエ受検者から送られてきたオススメの中より未読の2作を読んで感想をフィードバック。

フィードバックを筆記試験の得点に加算した合計点を出します。

PR TIMES

「合格」をもっと詳しく

「合格」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ