京都市勧業館 みやこめっせにて超急速EV充電ステーションの実証開始

2023年11月1日(水)22時16分 PR TIMES

パワーエックスと京都市の公民連携・課題解決推進事業

株式会社パワーエックス(本社:東京都港区、代表:取締役兼代表執行役社長 CEO 伊藤 正裕)は、京都市(市長:門川大作)との公民連携・課題解決推進事業「KYOTO CITY OPEN LABO」* において、電気自動車(以下、EV)利用環境整備の取り組みの一環として、蓄電池型EV超急速充電器「Hypercharger」を京都市勧業館「みやこめっせ」(京都市左京区)に設置し、再生可能エネルギーを用いた充電サービスの実証実験を開始しました。

[画像: https://prtimes.jp/i/109041/45/resize/d109041-45-1ee37a6eddefe11ac7fd-0.jpg ]

1. 目的
脱炭素社会の実現に向けては、化石燃料を使用する自動車に依存しない生活や社会・経済活動に転換していかなければなりません。そのためには、EVをはじめとする次世代自動車の普及とEV利用環境の整備促進を同時に図っていく必要があります。
本取組は、今後の急速なEV普及を見据えて、当社と京都市とが連携し、市内の民間駐車場・市営駐車場において、EVに関するニーズ調査を行い、利用者のニーズにマッチした市内のEV充電設備の今後の拡充を目指すものです。

2. 実証内容
昨年11月以降、当社と京都市が連携し実施した、京都市におけるEV充電インフラに関するニーズ調査に基づき、京都市勧業館 みやこめっせにEV超急速充電器の実証機を設置し、再生可能エネルギーを用いた充電サービスを提供します。実証機の利用状況を分析したうえで、EV利用者の充電ニーズを把握し、京都市における急速EV充電設備を拡充するためのモデル検証を実施します。
実証機として設置するのは、当社が開発・製造する蓄電池型超急速充電器「Hypercharger(ハイパーチャージャー)」1機です。どのメーカーの車両でも使える、公共用としては国内最速クラスとなる最大出力150kWでの充電に対応です。また、蓄電池を搭載することで、高出力によるEVオーナーの利便性を確保しながらも、電力系統への負荷軽減や場所を選ばない設置を実現しました。
電気自動車を所有されるユーザーの方であれば、どなたでも「PowerXアプリ」から事前に利用予約をすることで、充電利用いただけます。
尚、本実証の期間は、24年3月末までを予定しています。

3. みやこめっせ(京都市勧業館)チャージステーションの詳細 
場所:〒606-8343 京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9-1京都市勧業館 みやこめっせ 1階バス駐車場 横
運用予定日:2023年11月1日
設置台数:1台(最大2台の車両を同時充電可能)
運用時間:午前7時〜午後10時30分(入庫は午後9時まで)
利用対象:充電規格「CHAdeMO」での充電に対応した電気自動車を所有されるユーザー
※一部の車種は充電いただけない場合がございます。
利用料金:2023年12月末までは無料。2024年1月からは有料予定。
「PowerXアプリ」のダウンロードはこちらから:https://app.power-x.jp

*公民連携・課題解決推進事業「KYOTO CITY OPEN LABO」とは
本市が抱える様々な行政課題その他の社会課題に対し、民間企業等から課題の解決 に資する技術やノウハウ、アイデアなどを募集したうえで、課題提示部署と民間企業 等が一緒になって、実証実験や具体的実践等により課題解決に取り組む仕組みです。
URL:https://open-labo.city.kyoto.lg.jp

【充電ステーション利用者からの本実証に関するお問い合わせ先】
株式会社パワーエックス EVチャージステーション事業部
Email: support-evcs@power-x.jp

PR TIMES

「京都市」をもっと詳しく

「京都市」のニュース

「京都市」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ