危ない"お金セミナー"詐欺を見分ける方法5つ

11月2日(土)6時15分 プレジデント社

イラスト=髙城琢郎、以下すべて同じ

写真を拡大

情報が手に入る一方で、主催者の手のひらの上で転がされる恐れも……。セミナーはもろ刃の剣と心得ておきましょう。

■1.安全・確実・高利回りというキーワードが出てきたら×


参加した投資セミナーで「安全」「確実」「高利回り」というキーワードが出てきたら、詐欺のにおいがプンプン……。その場で席を立ってもいいぐらいです。というのは理論的に、この3つは同居できないから。安全で確実ならみんながほしがるので、低利回りでしか顧客に戻りません。安全かつ確実で年6%や毎月3%はありえない。たいていの詐欺がこのパターンです。主催者が礼儀正しいとか、パンフレットがちゃんとしているといったことは、判断材料として有効ではありません。近づかないのが一番。




イラスト=髙城琢郎、以下すべて同じ

■2.海外セミナーは慎重に選ぶ



セミナーの種類によりますが、わざわざ海外のセミナーを受けて、現地の金融機関に口座を開いて投資商品を買うよりも、日本の金融機関の口座で世界中の投資商品を買うほうが手間はかからず、管理コストも安くすむでしょう。わざわざ海外の口座で買う必要もないので、そういう話を持ち掛けられたら、少し冷静に考えてみましょう。「世界中の優秀な投資商品だけを紹介します」と言いながら、特定商品だけを提案して、その金融機関から販売奨励金を受け取っていたという詐欺事件も実際に起こっています。



■3.広告クリック→無料セミナーは危うい代表!?



視聴履歴や購買行動に左右されるコンテンツマッチ広告が増えています。いったん金融商品を検索し、関連のサイトをクリックすると、次々と金融商品の広告が出るようになる仕組み。広告からたどっていくのは、ちょっと注意が必要です。広告をクリックして「無料セミナーのご案内」が出たら、むしろ危うい。その金融機関の商品を猛プッシュされる恐れがあります。興味を示せば示すほど、関連の案件が広告に出るので、そこは一歩引いた視点が欠かせないと言えるでしょう。


■4.街で勧誘してくるセミナーにはついていかない



絶対にやめたほうがいいのは、道を歩いているときにチラシを渡されて「今ちょうどセミナーをやっているんです」と勧誘されてついていくこと。たまたまその日にやっているものではなく、毎日やっていて、たまたまあなたが通りかかっただけです。声をかけられている人を見ると、真面目で気弱そうな人ばかり。明らかに狙っています。うまい話は、そう簡単に落ちていませんから、ついていかないのが大原則です。ついていったとしてもやすやすとカモにならないよう、お金の基礎知識はつけておきたいものです。


■5.メールアドレスはメインでなくサブのものを使う



セミナーに申し込むときは、たいていメールアドレスを登録しますが、このとき、メインではなくサブのものを使うのが基本中の基本。1度登録すると、メールやお知らせが届くので、専用のアドレスを取得しておくとよいでしょう。電話番号を登録すると、まずかかってくると思って間違いありません。よほど関心がなければ、書かない自由もありと考えてよいでしょう。メインのメールアドレスや電話番号を登録すると、次々とセミナーに誘導される可能性も高くなりますよ。



■▼お金のプロがすすめるこのセミナーがスゴイ!





■▼「女子会セミナー」「勉強会」




----------

山崎 俊輔(やまさき・しゅんすけ)

ファイナンシャルプランナー

1972年生まれ。企業年金研究所、FP総研を経て独立。執筆活動、講演を多数行っている。著書に『スマホ1台で1000万円得する! マネーアプリ超活用術』(PHP研究所)など。

----------




(ファイナンシャルプランナー 山崎 俊輔 構成=池田純子 イラスト=髙城琢郎)

プレジデント社

「セミナー」をもっと詳しく

「セミナー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ