NTTアドバンステクノロジとNTT Com China、グローバル市場向けサービス拡大に向けた協業を開始

11月2日(木)10時1分 PR TIMES

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は恩梯梯通信系統(中国)有限公司(以下:NTT Com China)と、11月1日にシステム監視保守サービスにおいて基本契約を締結し協業を開始しました。
この協業により、NTT-ATの持つ、長年にわたる大規模システム保守運用で培った高度の保守運用ノウハウと、NTT Com Chinaの持つ、日中英の多言語サポートおよびITサービスマネジメント導入に基づく高品質な保守体制など、双方の強みを活かしてシステムの一次〜二次保守にわたり、多様なグローバル市場のニーズにお応えします。

■背景
現在、多くの日本企業がグローバル市場でのサービス展開を進めており、システムの保守運用においても、そのグローバル対応のニーズが年々高まっています。ICT(Information and Communication Technology)は、いまやさまざまな企業の基幹業務に不可欠になり、24時間365日にわたって、保守運用面の信頼性/継続性を確保することが、最も重要な課題となっています。

このような状況の中、NTT-ATは、これまでNTTグループの一員として培ってきた高度な技術力を背景に、近年のクラウドビジネスの拡大やセキュリティ監視ニーズの高まりを踏まえ、システムの開発、構築から保守運用、データセンタ/クラウド(ICT-24クラウド)、SOC(Security Operation Center)まで一貫した体制で、ICT時代の多様な企業ニーズにお応えしています。NTT Com Chinaは、中国で事業展開する日系企業をはじめとしたグローバル企業を対象に、ICTソリューション事業を提供するため、NTTコミュニケーションズの100%出資子会社として、2004年10月に設立されました。中国のICT事情を考慮した最適ソリューションや、優秀な人材による高品質なサービスを提供しています。

今回の協業は、このようなビジネス環境下において、同じNTTグループの一員であるNTT-AT、NTT Com China両社が、豊富な業務実績を持つ監視保守分野で互いの強みを活かし、グローバル市場の拡大を目指すことを目的に連携を開始しました。

■協業のねらい
NTT-ATは、ネットワークからアプリケーションの保守運用までトータルで、24時間365日サポートする「ICT-24オペレーションセンタ」を2008年3月から運用しており、専門スキルを有する技術者を配し、全国規模のキャリアサービスの運用実績など、高度な保守サービスを提供しています。NTT Com Chinaは、2006年4月より24時間365日のシステム監視保守サービスの提供を開始し、日中英の多言語サポートなどを含む、高品質な保守サービスを提供しています。これまでに1000社以上におよぶ日系企業対応実績を有しています。

この度、NTT-ATの持つネットワーク、セキュリティ、クラウドの各分野の高度専門性とNTT Com Chinaの持つ日中英の多言語対応力、ICTサービスマネジメント運用による高品質なサービス提供体制の強みを活かした業務連携により、システムの一次〜二次保守にわたり、多様なグローバル市場のニーズにお応えするサービスを提供します。

今回の両社の業務連携は、NTT研究所の最先端の技術をベースとした商品・サービスを広く提供してきたNTT-ATのグローバル展開を図るための体制強化となります。

■協業の内容
NTT-ATを窓口とし、リモート監視保守業務をNTT Com Chinaにて実施します。メールでの連絡、緊急電話連絡、レポーティングなど日本語で対応します。(お客様の要件により中国語、英語での対応が可能)
[画像: https://prtimes.jp/i/23654/13/resize/d23654-13-698015-0.jpg ]

 グローバル連携による保守メニュー

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/23654/table/13_1.jpg ]


※既存の国内保守サービスメニューにつきましても引き続き提供させていただきます。

■今後の展開
NTT-ATは、NTT Com Chinaとの協業を通じて、国内はもとより、 海外(中国)を含めた保守運用サービス事業の拡大を図り、3年後に売上高5億円を目指します。
日本に本社、中国に支店のある企業に対して、日本と中国連携による24時間365日のシステム監視保守運用サービスの提供、多言語サポートサービスの提供、中国企業、日本企業の支店へのセキュリティ監視サービスと日本側からの高度セキュリティ対応サービス提供など、今後、国際市場の多様なニーズに応えるべく、サービスを拡大していきます。さらに、NTT-ATの持つ商品・サービスの中国市場への販売展開、中国における保守サポートなど、順次、両社の連携を広げ、グローバルサービスを拡充します。

NTTアドバンステクノロジ株式会社 代表取締役社長 木村丈治 より
私たちNTTアドバンステクノロジは、めまぐるしいスピードで革新を続ける技術の中心に身を置き、社会や企業が直面する課題やニーズに素早く柔軟に、時にはお客様より先に課題や改善点を見つけ出し、常に革新的なご提案を行うことをお客様にお約束し、これを目指しています。

このたび、NTT Com ChinaとNTT-ATという監視・保守に実績ある2社の協業体制が整いました。NTT-ATが提供してきた高度スキルに基づく保守運用サービスやセキュリティ監視サービスにNTT Com Chinaの強みである日中英3ヶ国語対応を加えるなど、サービスのバリエーションを広げ、お客様のグローバル対応の多様なニーズにお応えするため、両社の連携を拡大していきます。これまで培ってきた実績を糧に、世界中のお客様のビジネスの拡大を“グローバル”にサポートしながら、新たなチャレンジを続けてまいります。

恩梯梯通信系統(中国)有限公司 総経理 張 建明 より
NTT Com Chinaでは、日系企業様や多国籍企業様のグローバルICTパートナーとして、便利かつ高品質なサービスをご提供し、おかげさまで高評価をいただいております。また、NTT Com Chinaは日中英の3ヶ国語24時間365日のカスタマーサポートセンタ(CSC)があり、今までは中国内のお客様を中心にサービスを行ってまいりましたが、今後はグローバル市場を視野に入れたサービス展開を積極的に行ってまいります。このたび、NTT-ATと基本契約を締結しましたことで、NTT Com ChinaにとってはCSCのグループ連携という新たな一歩を実現しました。NTT-ATとの協業を通じて新規顧客を開拓するとともに、より便利かつ高品質な監視保守サービスをお客様にご提供できるようになると信じております。

【NTTアドバンステクノロジ 会社概要】
NTTアドバンステクノロジは、1976年の創立以来、NTTグループの技術的中核企業として、NTT研究所のネットワーク技術、セキュリティ技術、クラウド技術、日本語処理技術、環境技術、ナノ部品技術などの多彩な先端技術のみならず、国内国外の先端技術を広く取り入れ、それらを融合してお客様の課題を解決し、お客様にとっての価値を提供し続けています。

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/23654/table/13_2.jpg ]



【NTT Com China会社概要】
NTT Com Chinaは2004年10月に設立され、中国に進出されている日系企業様や多国籍企業様等にネットワーク環境、セキュリティ環境等のトータルICTソリューションを提供しています。また、2006年よりお客様の中国国内を中心とした拠点に対するセキュリティ監視及びITマネジメントサービスを日中英3ヶ国語24時間365日体制で実施しています。


[表3: https://prtimes.jp/data/corp/23654/table/13_3.jpg ]

PR TIMES

NTTをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ