ALSI、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter Ver. 9.0 SP1」 11月1日より提供開始

11月2日(金)15時40分 PR TIMES

SSL通信可視化によるサイバー攻撃対策、内部不正対策を強化

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)はWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter Ver. 9.0 SP1」を2018年11月1日より提供開始することを発表いたします。

■提供の背景
 より安全なWeb利用を実現する常時SSL(HTTPS)化が進む一方で、セキュリティ製品による検知を逃れるために暗号化通信を隠れ蓑として悪用する新種のサイバー攻撃や不正行為が増加しています。政府のサイバーセキュリティ戦略本部が発表した「政府機関等の情報セキュリティ対策のための統一基準」(平成 30 年度版)でも、情報システムのセキュリティ要件の策定において「監視するデータが暗号化されている場合は、必要に応じて復号すること」が明記されています。
 常時SSL(HTTPS)化時代のWebアクセス管理において喫緊の課題となるのが、SSL通信の可視化・制御とそれに伴い増大するネットワーク負荷の軽減です。これらの課題を解決するため、ALSIは「InterSafe WebFilter Ver. 9.0 SP1」を提供し、HTTPSサイトのWebアクセス管理を強化いたします。

■「InterSafe WebFilter Ver. 9.0 SP1」の特長
 「InterSafe WebFilter Ver. 9.0 SP1」では、下記の製品と連携することにより、SSL通信を利用したサイバー攻撃や内部不正への対策を強化いたします。


A10 Thunder (A10ネットワークス株式会社)
企業サイト:https://www.a10networks.co.jp/
[画像1: https://prtimes.jp/i/25498/42/resize/d25498-42-109587-2.jpg ]

 高性能なSSL可視化機能を搭載する「A10 Thunder(エーテン サンダー)」との連携により、HTTPS化されたWebサイトを「InterSafe WebFilter」でフィルタリングした場合でも、HTTPS暗号解除・再暗号化を「A10 Thunder」で高速処理することでパフォーマンスを損なうことなくWebアクセス制御を行うことができます。

すみずみ君 (三菱スペース・ソフトウエア株式会社)
企業サイト:https://www.sumizumikun.jp/
[画像2: https://prtimes.jp/i/25498/42/resize/d25498-42-724168-0.jpg ]

 個人情報ファイル検出ツール「すみずみ君」との連携により、HTTPS対応のWeb-DLP(ファイル送信による個人情報・機密情報漏洩の防止)を実現いたします。ファイルに含まれる個人情報や機密情報を「すみずみ君」が検査し、「InterSafe WebFilter」で監視・遮断することで不正アップロードを防ぎます。

ALog EVA (株式会社網屋)
企業サイト:https://www.amiya.co.jp/
[画像3: https://prtimes.jp/i/25498/42/resize/d25498-42-761329-1.jpg ]

 統合ログ管理製品「ALog EVA(エーログ エヴァ)」との連携により、Webアクセスログと他のセキュリティログやファイルアクセスログを相関的に分析することで、サイバー攻撃の検知や内部不正の早期発見に役立てることができます。導入時は、専用のテンプレートを利用することで簡単にWebアクセスログの収集が可能です。

※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。

PR TIMES

「フィルタリング」をもっと詳しく

「フィルタリング」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ