進学塾『早稲田アカデミー』冬期講習会・新広告 芦田愛菜さんが一人二役を演じる新グラフィック広告「ガンバレ、ワタシ」を公開。自分自身にエールを送る

11月2日(土)7時15分 PR TIMES

11月4日(月・休)より全シリーズ広告展開

 小学生・中学生・高校生を対象とした進学塾を運営する株式会社早稲田アカデミー(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:古田信也)は、12月26日(木)〜1月7日(火)※に開講する冬期講習会の募集に伴い、広告キャラクターの芦田愛菜さんが登場する新グラフィック広告を、11月4日(月・休)より都内の交通広告を中心に展開いたします。
※年末年始は除きます、地域・学年・コースにより実施日は異なります

[画像1: https://prtimes.jp/i/14235/13/resize/d14235-13-651703-4.png ]

■新グラフィック広告:冬期講習会募集広告企画
 早稲田アカデミーの冬期講習会・新グラフィック広告は、芦田さんを起用した広告シリーズの共通テーマである「ドキュメンタリー的な表現」かつ「多くを語らず、感じさせる広告」を軸に制作いたしました。
 今回、芦田さんには一人二役、「受験生」役と「受験を乗り越えた未来の自分」役を演じていただきました。「春=合格」を見据え、前を向く芦田さんに、目標を成し遂げた少し未来の芦田さんが寄り添い見守ることで、「頑張ることが未来に繋がること」を表現しています。

■撮影エピソード
 新グラフィック広告の撮影は、8月下旬の早朝に横浜市郊外で行われました。
 芦田さんは「おはようございます!」と早朝にもかかわらず元気に現場入りし、撮影スタッフとの打合せに参加。一つの広告の中で、現在の自分と少し未来の自分が共演するという初めての企画に「どんな広告になるのか楽しみにしてきました!」と、撮影前からワクワクとした面持ちでした。
 撮影では、未来の自分役の芦田さんのカットを先におさえ、次に制服を着た受験生役のカットへ。撮影途中のモニターチェックでは、簡易合成によって二人の自分が同居したビジュアルを目にし、「すごい!もうさっきの私と共演している!」と驚きを隠せない様子でした。自分自身との共演については、「とても不思議な感覚があります」と、感想を語っていました。
 今回のカメラマンは、1年半ぶりの担当となる正田真弘氏。久しぶりの芦田さんとの撮影に、「さらに表現力に磨きがかかり、こちらの意図をしっかり理解して想像以上の表情をみせてくれる。大女優さんに引けを取らない表現力に、改めてとても感動しました」と大絶賛。残暑が厳しい8月の晴天日に冬服で、しかも1日がかりの撮影となりましたが、芦田さんは終始笑顔絶やさず、スタッフとの打合せを綿密に行っていました。夕方、全カットを無事終えたときには、安堵の表情でスタッフと喜びを分かち合っていました。

■交通広告詳細
・タイトル:冬期講習会募集広告「ガンバレ、ワタシ」篇
・出演:芦田愛菜
・広告展開先:交通広告
<駅構内>
実施期間:11月4日(月・休)〜11月10日(日)
掲載場所:JR線・東京メトロ・東急線・京王線・小田急線・西武線・東武線 各所にて展開
<車両内>
実施期間:JR線11月4日(月・休)〜11月10日(日)
     私鉄各線11月4日(月・休)〜12月3日(火)
掲載場所:JR線・東京メトロ・東急線・京王線・小田急線・西武線・東武線 各所にて展開

■全シリーズ広告

[画像2: https://prtimes.jp/i/14235/13/resize/d14235-13-419448-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/14235/13/resize/d14235-13-251114-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/14235/13/resize/d14235-13-880967-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/14235/13/resize/d14235-13-779079-0.jpg ]


■出演者プロフィール:芦田愛菜

[画像6: https://prtimes.jp/i/14235/13/resize/d14235-13-748106-5.jpg ]

 2004年6月23日生まれ、兵庫県出身。5歳で出演したドラマ「Mother」(日本テレビ系/2010 年)で脚光を浴び、「大河ドラマ 江〜姫たちの戦国〜」(NHK/2011 年)、「マルモのおきて」(フジテレビ系/2011 年)では連続ドラマ初主演。以降、ドラマ・映画・CM など数々の作品に出演。第34回日本アカデミー賞新人俳優賞、第 54 回ブルーリボン賞新人賞ほか多数の賞を受賞。映画「パシフィック・リム」(2013 年)でハリウッドデビューも果たす。近年では「連続テレビ小説 まんぷく」では史上最年少で語り、映画「海獣の子供」主演吹き替え、またアリーナショー「世界一受けたい授業 THE LIVE 2019 もう一度恐竜に会える夏!」主演など。

■スタッフリスト


クリエイティブディレクター&コピーライター 三井明子(ADK クリエイティブ・ワン)
アートディレクター 増田総成(CHERRY)
カメラマン 正田真弘(WHITNEY)
レタッチ 村山輝代(foton)
ヘアメイク 久慈拓路(フリーランス)
スタイリスト 浜松あゆみ(カコカロ)
プロデューサー 林美将(ADK クリエイティブ・ワン)
        鯉住彩加(ADK クリエイティブ・ワン)
        鈴木聡倫(CHERRY)
デザイナー 中戸健司(クリエイターズグループMAC)
      大久保佳津江(クリエイターズグループMAC)
美術 立松春奈(クラフト)
プロダクションマネージャー 高藤憲明(フリーランス)

■早稲田アカデミーとは
 アカデミーは、首都圏に校舎を展開する小学生・中学生・高校生を対象とした進学塾です。1975年の創業以来一貫して、「本気でやる子を育てる」という教育理念のもと、第一志望校合格を目指す生徒たちをサポートしています。
 受験を通じて得られるものは、学力だけではありません。「自ら考え、学び、解決する」という、一生の財産となる力も身につくのです。早稲田アカデミーはこれからも、「志望校合格」を追求することで、未来に向かう子どもたちの成長を支えてまいります。

■早稲田アカデミーの冬期講習会について
・早稲田アカデミーの冬期講習会では、各学年の総まとめと総合力・実戦力の養成を図ります。
・8日間※という限られた期間の中で、単元学習と問題演習をバランスよく行い、総合力を高めていきます。
 ※学年によって異なります
・受験生は入試における得点力向上のために、問題演習を通じて実戦力を養います。
・冬期講習会に関するお問い合わせ・お申し込みは、ご希望の校舎までお願いいたします。

‣校舎別連絡先:https://www.waseda-ac.co.jp/school/
ご希望の学年に合わせた冬期講習会のカリキュラム等のご確認は、特設ページをご覧ください。
‣冬期講習会特設ページ:https://www.waseda-ac.co.jp/special/shortcourse_winter/
冬期講習会期間:2019年12月26日(木)〜1月7日(火)
        ※年末年始は除きます、地域・学年・コースにより実施日は異なります

【運営会社】
法 人 名 :株式会社早稲田アカデミー
所 在 地 :〒171-0022 東京都豊島区南池袋一丁目 16 番15号 ダイヤゲート池袋9階
設 立 :1974 年 11 月(1975 年 7 月)
代 表 者 :代表取締役社長 古田 信也
事業内容:小学生・中学生・高校生を対象とする進学塾の経営等
U R L:https://www.waseda-ac.co.jp/

PR TIMES

「広告」をもっと詳しく

「広告」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ