【3年連続ノミネート】岡野タケシ弁護士がTikTok Creator Awards Japan 2023のEducation部門に選出されました!

2023年11月2日(木)10時46分 PR TIMES

2021年、2022年には視聴者投票でEducation部門の最優秀賞を受賞。今年もTikTok Awardsを盛り上げ、3年連続の最優秀賞受賞を目指します!

法律系YouTuber・TikToker『岡野タケシ弁護士【アトム法律事務所】』は、今年TikTokで最も活躍したクリエイターを決める「TikTok Creator Awards Japan 2023」の「oo Creator of the Year」Education部門に3年連続でノミネートされました。過去2年は視聴者投票で部門別の最優秀賞を受賞。今年は3年連続の受賞を目指します!

[画像: https://prtimes.jp/i/103921/23/resize/d103921-23-3555b82efcde03b3d711-0.png ]


Education部門に3年連続でノミネート!


岡野タケシ弁護士【アトム法律事務所】は、「大人から子供まで法律が100倍楽しくなる」をテーマに、法律を楽しく・わかりやすく解説する動画を配信している法律系TikToker・YouTuberです。

この度、TikTokが開催している、今年最も活躍したクリエイターを表彰する「TikTok Creator Awards Japan 2023」の「oo Creator of the Year」Education部門にノミネートされました。ノミネート者は、2023年に投稿された動画の総再生数、おすすめ再生数、いいね数、フォロワー増加数などから総合的に評価され、部門ごとに5組が選出されます。

岡野タケシ弁護士はTikTok AwardsのEducation(教育)部門に、2021年、2022年に引き続いて3年連続でノミネート。3年連続でノミネートされたのは、ノミネートされた64組のクリエイター中わずか5組のみ。Education部門では岡野タケシ弁護士のみです。若者向けでトレンドの移り変わりが激しいTikTokのショート動画において、根強い支持を得ていると言えます。

今後は、2023年11月1日(水)から11月19日(日)にかけて行われる視聴者投票で、部門ごとの最優秀賞が決まります。視聴者投票はTikTokアプリ内にて誰でも1日1回投票可能。最優秀賞は12月14日(木)に開催される「TikTok Awards Japan2023」で発表され、TikTokで生中継される予定です。

岡野タケシ弁護士は、2021年にはティーチャー部門、2022年にはEducation部門において2年連続で最優秀賞を受賞。2年連続で受賞したのは、Creator of the Year部門のバヤシ氏と、Education部門の岡野タケシ弁護士のわずか2組のみです。今年もTikTok Awardsを盛り上げ、3年連続の最優秀賞受賞を目指します!

トレンドの移り変わりの激しいTikTokで支持され続ける理由は?


TikTok Awardsにノミネートされたクリエイターのうち、3年連続でノミネートされたのは64組中5組と、わずか8%のみ。この数字からもわかるように、若者向けのショート動画のプラットフォームであるTikTokは、非常にトレンドの移り変わりが激しいと言えます。

その中でも岡野タケシ弁護士が根強い支持を得ている理由は、「誰もが無縁でいられない法律を、専門家がわかりやすく・楽しく解説しているため」。

私たちは誰もが、社会で生きるうえで、法律と無縁ではいられません。しかし法律は難しそうなイメージがあり、学ぶハードルが高いと感じる方も多いです。

そこで岡野タケシ弁護士は、弁護士として15年間働いてきた経験をもとに、若者にもわかりやすく法律を解説する動画を配信。「このニュース、法律的にはどういう風に考えたらいいの?」「日常でやりがちな行動だけど、これって実は法に触れてる?」といった法律に関する疑問を、1分でわかりやすく学べることで支持を集めました。動画内でよく使われる「質問きてた!」「結論、〇〇!」のフレーズは、多くのインフルエンサーがパロディを投稿するネットミームにもなっています。

また、毎日2本をベースに精力的に動画を配信しているのも人気のポイント。これまで投稿された動画は2000本以上にのぼります。時にはTikTokの流行も取り入れるなど、様々な工夫をしながら、法律に楽しく触れられる動画を日々配信しています。

岡野タケシ弁護士の影響力の拡大はTikTokなどの動画プラットフォームだけに留まりません。これまで投稿した動画を厳選してまとめた書籍『おとな六法』は5万部突破の大ヒット。書籍発売を記念して行ったリアルイベントには1200人が来場するなど、法律系インフルエンサーとして、若者を中心に幅広い人気を得ています。

▼動画の例
お笑い芸人の藤本さんが車で当て逃げ事故!?弁護士が解説!
https://www.tiktok.com/@takeshibengo/video/7288995107599109383

Q:学校で余った給食を家に持ち帰っても大丈夫ですか?
https://www.tiktok.com/@takeshibengo/video/7295298304240340225

1分間で犯罪を当てろ!法律アキネイタークイズ!本物の弁護士は当てられるのか!?
https://www.tiktok.com/@takeshibengo/video/7273780254102064391

『岡野タケシ弁護士』とは?


第二東京弁護士会所属、登録番号37890。
弁護士、YouTuber、TikTokクリエイター。

高校卒業後、渡米。10年間のフリーター生活を経て、28歳で司法試験に合格。司法修習を終えた翌日に、単身でアトム東京法律事務所を設立。現在、アトム法律事務所の代表弁護士の他に、法律×ITのWebマーケティングを手掛けるレインメーカー株式会社代表取締役社長を務める。多くのテレビドラマの法律監修や情報番組のコメンテーターを担当するなどマルチに活躍。

法律をテーマにした動画配信でYouTuberとしても高い人気を誇り、2023年11月現在、チャンネル登録者数は155万人を超え、TikTokフォロワー数は67万人を超えている。SNSフォロワー数は累計243万人を突破。動画内で使用される「質問来てた!」「結論、○○!」といった言い回しがネットミームとなり、様々なパロディ動画が作成されるなど、若者から根強い人気を得る。

TikTok CREATOR AWARD 2021ティーチャー部門最優秀賞、TikTok Awards Japan 2022 Education部門最優秀賞を受賞。YouTube2021年国内ショート動画クリエイターランキング1位を獲得。2021年11月26日にビジネス書『人生逆転最強メソッド 書き込みワークで即体感。やるべき「目標」が見えてくる』、2023年9月25日に法律入門書『おとな六法』を出版。

【オフィシャルサイト】
https://okanotakeshi.com/

【Twitter】
岡野タケシ弁護士【アトム法律事務所】
https://twitter.com/takeshibengo

【YouTubeチャンネル】
岡野タケシ弁護士【アトム法律事務所】
https://www.youtube.com/@okanotakeshi

【TikTok】
岡野タケシ弁護士【アトム法律事務所】
https://www.tiktok.com/@takeshibengo

【著書】
『人生逆転最強メソッド 書き込みワークで即体感。やるべき「目標」が見えてくる』
著者:岡野 武志
出版:KADOKAWA
商品ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/322107000881/
Amazonページ:https://amzn.to/3Hn14ro

『おとな六法』
著者:岡野 武志、アトム法律事務所
出版:クロスメディア・パブリッシング
商品ページ:https://www.cm-publishing.co.jp/9784295408772/
Amazonページ:https://amzn.to/3Ootfw0

PR TIMES

「TikTok」をもっと詳しく

「TikTok」のニュース

「TikTok」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ