スルガ銀めぐり自治体も混乱、海老名市が立ち入り検査する理由

11月3日(土)6時0分 ダイヤモンドオンライン

静岡県沼津市にあるスルガ銀行の本店 Photo by Takahiro Tanoue

写真を拡大


神奈川県に続き海老名市も臨時立ち入り検査


 シェアハウス投資をめぐり、未曾有の不正融資問題を引き起こした静岡県のスルガ銀行。投資家のみならず、お隣の神奈川県など自治体でも混乱が起きている。


 10月22日、スルガ銀の横浜支店に対し、神奈川県が県財務規則に基づく臨時の立ち入り検査に入ったのだ。さらに同県の海老名市も、同行の海老名支店に対して、臨時の立ち入り検査に入ることが「週刊ダイヤモンド」の調べで分かった。


 銀行への立ち入り検査といえば、監督官庁である金融庁の“専売特許”というイメージだろう。だが、実は、地方自治体も定期的に検査を行っている。なぜなら、各種税金など行政に関わる「公金」の収納などは各金融機関が行っており、その事務が適切に行われているかを検査するためだ。


 だが、自治体による臨時の立ち入り検査というのは「ほとんど聞いたことがない」と、ある地方自治体の職員は困惑を隠さない。


 では、その経緯を見ていこう。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「立ち入り検査」をもっと詳しく

「立ち入り検査」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ