M&Aに積極的な買い手企業から買収オファーを受け取れる「スカウト機能」をリリース

11月3日(土)5時40分 PR TIMES

買い手担当者と直接コンタクトが可能に。売り手企業は企業情報を登録して、あとは待つだけ。

 M&A業界における、オンラインによるマッチングの仕組みを構築した「M&Aクラウド」の開発・運営を行なっている株式会社M&Aクラウド(本社:東京都品川区、代表取締役:及川厚博) は、従来の「M&Aクラウド」サービスである “掲載されている「買い手企業」のM&A戦略等の情報を「売り手企業」が自由に閲覧しエントリーする” サービスに加えて、「売り手企業」の情報を「買い手企業」が閲覧し、逆にオファーすることも出来る「スカウト機能」 (URL: https://macloud.jp/landing_pages/scout) サービスを追加しました。

[画像: https://prtimes.jp/i/18978/10/resize/d18978-10-314848-0.png ]


【サービス概要】
M&Aクラウドのスカウトは、買収戦略や経営方針を実名で公開している「M&Aクラウド」の掲載買い手企業から、売り手企業が買収オファーを直接受け取ることのできるサービスです。

M&Aクラウドのスカウトには以下の3つの特長があります。

「1. 積極的な「買い手企業」からの “スカウト” がもらえます」
当社が自らM&A戦略等をインタビューし、積極的にM&Aを進めていきたいとする「M&Aクラウド」掲載企業の「買い手企業」から、直接オファーを受けることができます。「M&Aクラウド」の スカウトは「買い手企業」が全て実名で、買収戦略や運営方針なども、すべて「M&Aクラウド」上で公開しており、業者や個人はいないので、冷やかし等は一切ありません。また「買い手企業」は全て実名なので、会社を選んで見せたい「買い手企業」にだけ、ネームクリアが可能です。

「2. 情報を登録したら、あとは待つだけ」
ノンネーム情報を登録すれば、あとは待つだけで「買い手企業」からのスカウトが届く仕組みです。「買い手企業」がスカウトを送った理由 (「なぜ買収に興味を持ったのか」) とともに届くため、その後の交渉がスムーズに進みやすくなっています。

「3. 買い手企業と直接メッセージができる」
「M&Aクラウド」の、従来からの特徴である “「買い手企業」と「売り手企業」が、既存の仲介業者を挟まず直接やりとりが できる” という点は「スカウト機能」でも変わりません。直ぐのトップ面談を通じて、スピーディーにシナジー等の対話を早期に始めることが可能になっています。

【創業ストーリーと理念】
M&Aクラウドは、売却経験のあるメンバー達が立ち上げた中小・ベンチャー企業向けのM&Aマッチングプラットフォームを運営するスタートアップです。 「テクノロジーの力でM&Aに流通革命を」をミッションに、ブラックボックスが多く、非効率で高いコストのかかるM&Aをテクノロジーの力で効率化し、事業承継やベンチャーのEXITを増やしていくことで世の中を良くしていくために設立されました。
「M&Aクラウド」は2017年6月よりサービスを開始し、2018年4月にサイトリニューアル後、現在「買い手企業」の掲載数は50社以上、「売り手企業」の登録数は250社以上に伸長しております。

【会社概要】
株式会社M&Aクラウド
URL: https://macloud.jp/company
代表取締役CEO:及川厚博
代表取締役COO:前川拓也
所在地:東京都品川区西五反田8-2-2喜助西五反田ビル6F
設立:2015年12月7日
従業員数:13名(アルバイト含む)
事業内容:M&Aプラットフォーム「M&Aクラウドの運営」及び、M&Aアドバイザリー事業

【リリース受付】
株式会社M&Aクラウド
広報担当:森 琢麻
TEL:03-6431-8460
メール:t-mori@macloud.jp

PR TIMES

「買収」をもっと詳しく

「買収」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ